文:川嶋弘文(ラリーズ編集部)

見どころ

JOCエリートアカデミーから日大へ進学し、主将・エースとして日大を引っ張る大塚が、世界卓球日本代表の森薗と対戦。

大塚がボールタッチのセンスとリーチの長さを活かしたプレーで1セット目は森薗に善戦。

その後徐々に森薗がチキータレシーブで主導権を握り、試合の流れが変わっていくところが見どころ。

勝負を分けたこの1本

3分17秒〜3分25秒:2セット目9-5からのチキータ2本での連続レシーブエース
※ページトップと同一の試合動画について、再生開始箇所を調整してお送りします。

1セット目をデュースで競り勝った森薗は2セット目も勢いに乗り9-5でリード。

ここで森薗が見せた高速チキータ2本は世界トップクラス。

エリートアカデミー出身で実力者の大塚でさえ、ラケットに触れることすら許されない速さとコース取りは見事。

このレシーブエース2本で試合の行方が決まった。

試合情報

大会名:平成29年度春季 関東学生卓球リーグ戦 第3戦 男子 明治大 対 日本大
選手名:森薗政崇(明治大) 対 大塚大寛(日本大)
大会種別:団体戦、シングルス、国内、関東学生リーグ
試合結果:森薗3-0大塚
配信元のフルバージョン動画を見たい方はこちら

協力:LaboLive

【推奨】YouTubeの環境設定について

再生動画の画質は、原則としてインターネットの環境設定に左右されます。
通信が安定するまでの間、画質が粗いケースがございますが、通信が安定したタイミング(10秒〜数十秒後)に画質が改善されるケースがございますので、暫時お待ちいただくことをお勧めします。

通信が安定した状況化にて再生動画の画素が粗い場合には、動画再生ページの右下「設定」ボタンより、「1080p(HD)」を選択いただくと、画質が改善される可能性がございますので、お試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう