【今日の1試合】森薗vs及川 青森山田OB同士の激アツの打ち合いに注目|卓球動画


監修:板垣孝司(TSVクニックスホーフェン ヘッドコーチ、シェークハンズGM

両選手の特徴

森薗選手はチキータレシーブからの高速バックハンドでラリーの主導権を取り、フォアハンドでトドメを刺す卓球スタイル。特にフォアハンドでの連打は打球点が早く、一度ボールを捕まえたら得点するまで打ち切れる高速フットワークは、森薗スタイルを支える大きな武器です。

対する及川選手は元全日本ジュニアチャンピオンです。粘り強いフットワーク、打球点を変えながら相手を振り回すバックハンドなど、死角のない卓球スタイルの及川選手。2015年からドイツブンデスリーグTSVクニックスホーフェンでプレーし,2017年は1部リーグに挑戦中です。

見どころ

青森山田の先輩後輩の対決はお互いにボールの質を知り尽くしているので長いラリー戦になります。前陣での快速フットワークの森薗選手対前陣〜後陣までコートエリアを広く使う及川選手の対戦は激アツの打ち合いになります。

勝負を分けたこの1本

※ページトップと同一の試合動画について、再生開始箇所を調整してお送りします。


第5ゲーム及川選手3対2リードの場面。
第4ゲーム、及川選手の大量リードでこのまま試合が終わるかと思われたこの試合。森薗選手が守りのバックブロックではなくコンパクトなバックドライブに切り替えた瞬間に及川選手がラリーで押されてしまい勝負は最終ゲームに縺れます。

先にフォアを攻められると台から離されてしまう及川選手は、この場面でフォアハンドブロックでコースを突き、自分は台から下がらずに森薗選手を台から下げて、最後にフォアストレートへのドライブを打ち込みます。

手の内を知り尽くした選手同士の試合はサーブレシーブだけで決着がつかないことが多く、長いラリー戦になります。ラリーの中で如何にして自分の有利な位置で戦うかが鍵となります。

板垣’S EYE

あまりにも激しい打ち合いのために第5ゲーム後半では森薗選手が足を痛めたように見えました。そこまで森薗選手を追い込んだ及川選手の執念勝ちと言える試合だったと思います。

迫力あるラリー・前陣でのカウンター、コースを変えながらのラリーは卓球競技の醍醐味を見せてくれる素晴らしい試合でした。

試合情報

大会名:平成29年度春季 関東学生卓球リーグ戦 第6戦
選手名:森薗政崇(明治大学) 対 及川瑞基(専修大学)
大会種別:団体、シングルス、国内、大学
試合結果:及川3-2森薗

映像提供:LaboLive

監修協力:Shakehands

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ



【推奨】YouTubeの環境設定について

再生動画の画質は、原則としてインターネットの環境設定に左右されます。
通信が安定するまでの間、画質が粗いケースがございますが、通信が安定したタイミング(10秒〜数十秒後)に画質が改善されるケースがございますので、暫時お待ちいただくことをお勧めします。

通信が安定した状況化にて再生動画の画素が粗い場合には、動画再生ページの右下「設定」ボタンより、「1080p(HD)」を選択いただくと、画質が改善される可能性がございますので、お試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう