【卓球動画解説】菅沼 湧輝(明治大)vs 硴塚 将人(早稲田大)|今日の1試合 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

卓球動画 【卓球動画解説】菅沼 湧輝(明治大)vs 硴塚 将人(早稲田大)|今日の1試合

2020.03.20 文:ラリーズ編集部 解説:板垣孝司

福原愛、水谷隼、丹羽孝希ら日本のトップ選手を輩出し一時代を築いた青森山田中・高を14年間に渡って指導した名将・板垣孝司氏。

その板垣氏がトップ選手から年代別、ジュニア選手まで幅広い試合動画について両選手の特徴、勝敗を分けたポイントを語る。

今回は2019年秋季関東学生卓球リーグ戦 男子1部の「菅沼 湧輝(明治大)vs 硴塚 将人(早稲田大)」。

>>菅沼選手の使用用具はこちら

>>硴塚選手の使用用具はこちら

両選手の特徴

センス溢れるバックハンドを中心に全日本卓球選手権でもランキング入りを果たしている硴塚選手。サーブの切れ味、右利きのフォアサイドを攻める鋭いバックハンド、フォアハンドでのカウンタードライブと総合力の高いプレーが持ち味です。

豪快なフォアハンドが持ち味の菅沼選手。プレー領域が広くどこからでも強烈なフォアドライブを打ち込み得点を取ることができる運動能力の高さは魅力があります。

見どころ

前回はラストで対戦した両選手が今回は前半での対戦となりました。前回の対戦ではフルゲームで大逆転勝利した菅沼選手ですが、今回の対戦はいかに!?粘りに粘って菅沼選手か?キレのあるカウンターで振り回して硴塚選手か?楽しみな再戦です!

勝負を分けたこの一本

※ページトップと同一の試合動画について、再生開始箇所を調整してお送りします。

地味なポイントかもしれませんが、第5ゲーム7対4での硴塚選手のハーフロングサーブに対する菅沼選手のドライブレシーブだと思います。

ここで8対4になれば流れ的にも硴塚選手の勝ち試合だったように感じますが、最後まで集中力を切らさずほんの少しの甘いサーブを見逃さなかった菅沼選手の勝利に対する執念は素晴らしかったです。

板垣’s EYE

お互いに前回の対戦でのイメージを持って試合に入ったようなので、スタートは菅沼選手が成功しました。菅沼選手は硴塚選手のチキータをくらわないように、バックへのロングサーブをハーフロング気味の逆回転サーブからスタート。レシーブはフリックレシーブから大きなラリーに持ち込みました。対する硴塚選手はチキータにこだわらずハーフロングサーブをフォアでレシーブしながらロングサーブを待つという試合展開でした。

第3ゲームから硴塚選手がフリックをさせない強い横下回転サーブに切り替え、第5ゲーム中盤まで良い流れを見せましたが、最後は菅沼選手のバックブロックに捕まってしまいました。ただ、両者ともに死力を振り絞った素晴らしい試合でした!硴塚選手は第5ゲーム中盤に見事なミドル攻めでブロックを外していましたが、後半はバックにボールが集まってしまったのがもったいなかったと思います。

試合情報

大会名:2019年 秋季 関東学生卓球リーグ戦 男子1部 第7戦
選手名:菅沼 湧輝(明治大)vs 硴塚 将人(早稲田大)
試合結果:菅沼 3-2 硴塚

映像提供:LaboLive

監修協力:Shakehands

男子ランキング
2020.12.04
世界
日本
1
樊振東(中国)
18490 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
17020 pt
1
張本智和(日本)
12990 pt
2
丹羽孝希(日本)
9435 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.12.04
世界
日本
1
陳夢 (中国)
19750 pt
2
孫穎莎 (中国)
16400 pt
3
伊藤美誠(日本)
15830 pt
1
伊藤美誠(日本)
15830 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10695 pt