「今のラバーは本当に適正価格なのか?」ミズノ卓球事業の未来を賭けた"無理難題"への挑戦 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:ミズノのラケット・ラバー/撮影:ラリーズ編集部

卓球インタビュー [PR] 「今のラバーは本当に適正価格なのか?」ミズノ卓球事業の未来を賭けた“無理難題”への挑戦

2021.12.25

この記事を書いた人
Rallys副編集長。学生卓球を愛し、主にYouTubeでの企画を担当。京都大学卓球部OB。戦型:右シェーク裏裏

「良いラバーとは何なのか?」。

ミズノの卓球事業担当者たちは悩んでいた。

総合スポーツメーカーとしてミズノは、ユーザーの声を聞き、ユーザーにとって良い物を作ることで、各スポーツ分野で多くの支持を獲得してきた。それは卓球部門も例外ではない。

各地の学校や卓球場に足を運び、ジュニア選手や草の根プレーヤーたちの生の声を聞いてきた。最近増え始めたのが「ラバーの価格が高い」と悩む声だ。

高いラバーだけが良い物なのだろうか。違う。

一生懸命卓球をしている人たちが求めているのは勝てるラバー。それが安くて耐久性が良ければなおさらだ」。

ミズノは、その難しい課題に挑んだ。

>>ミズノ、挑戦の遺伝子#1はこちら なぜ“中学日本一”や“インハイ3位”の選手たちが卓球専門“ではない”メーカーと契約したのか

「今のラバーは適正価格なのか」

ラバーの多くはメーカー契約のトップ選手を想定して作られたものだ。勝つためにより良い性能を求め、研究開発を繰り返し、市場へと出てくる。そのため、適正価格が幾分か高くなる。ミズノでも大島祐哉(木下グループ)がフォア、バックともに使用する『Q5』は¥7,480(税込)の値が付けられている。


写真:全日本選手権での大島祐哉 フォア面にはミズノのQ5を使う/撮影:ラリーズ編集部

だが、ラバーは消耗品だ。部活動などで真剣に取り組めば1ヶ月に1回ペースで貼り変えることになる。ジュニア選手や草の根プレーヤーの財布には大きな痛手となる。

ミズノは以前からラバーの価格には疑問を抱いていた。卓球用具開発担当の樋口直矢はこう語る。


写真:卓球用具開発担当の樋口直矢/提供:ミズノ

「1ヶ月に1回程度貼り変える用具として、今のラバーが適正な価格なのかという思いは最初からありました。しかし、情けないかもしれないですけど、当時の我々ではユーザーに寄り添った価格は実現できませんでした」。

0からラバー開発スタートもノウハウを蓄積

ミズノが卓球ラバー市場に参入したのは2006年と、他の卓球専門メーカーから比べると歴史が浅い。なおかつ自社でのラバー開発を始めたのは2015年だ。研究開発や生産のノウハウもなく、0から手探りでのスタートだった。


写真:大島祐哉もミズノの開発したQ5を使う/撮影:田口沙織

「自社でラバーを研究開発し始めたことで、高クオリティをキープしながらも、削ぎ落せる部分がどんどん見えてきました。詳しくは言えないのですが、ゴムの素材の配合や量産体制の見直しで徐々に理想に近づいて行きました」と樋口も手応えを口にする。

そうして生まれたのが2021年12月に発売された『Q QUALITY』だ。値段は¥5,830(税込)。求めやすい値段設定は、卓球ファンの間でもすでに話題となっている。

選手からも高評価のQ QUALITY

満を持して登場した『Q QUALITY』。気になる性能はどうなのだろうか。「ラバーが切れたり浮いたりする面での耐久性はQ5から向上しています」と樋口は語る。


写真:ミズノの新ラバーQ QUALITY/撮影:ラリーズ編集部

試打した選手たちにも聞いてみた。

インターハイ3位の高橋航太郎(実践学園)は「今は硬いラバーであるQ5を使っていて、Q5のときのように当たりを強くすると、Q QUALITYは少しベチャッと食い込みすぎて逆に飛ばなくなってしまうと感じました。ラバーが結構食い込んでくれるので、上に飛ぶのでネットミスは無くなりそうです。Q QUALITYの方がちゃんと沈んでくれるので、カウンターも結構やりやすいですね。もう少し使ってみて考えます」と試打で感じた長所短所を明かしてくれた。


写真:高橋航太郎(実践学園)/撮影:ラリーズ編集部

また、インターハイランカーのペンホルダー、前出陸杜(高田高校)は「フォア打つときに落ちる感覚のあるラバーが嫌で、反発が強いラバーが欲しいとずっと前から要望していました。Q QUALITYは今までで一番良かったです」と試打中に思わず笑みも浮かべるほどの好感触だったようだ。


写真:前出陸杜(高田高校)/撮影:ラリーズ編集部

前出は「すごく上に飛びます。Q5と比べて、厚く当てた時に落ちる感覚がない上に、回転性能は同等と感じました。少し柔らかく感じるのでラリータイプの人には合うと思いますし、面をたててもドライブが落ちないのでペンのフォアハンドに合うと感じています」とQ QUALITYに手応えを感じている。

ミズノ卓球事業の未来がかかった新製品

「これが売れないとミズノの卓球事業が終わります(笑)」。そう冗談交じりに話すのが、ミズノの卓球事業立ち上げを中心となって進めた玉山茂幸だ。


写真:ミズノの玉山茂幸/撮影:槌谷昭人

「ミズノは後発メーカーというのもあって、ラケット、ラバーのシェアが低い。『ミズノ、ラケット作ってたんだ』『ミズノのラバーあるんだ』みたいな声もTwitterである。儲けるよりまずは手にとってもらって、ミズノは良い物を作っているんだということを示したかった。そういう面で価格の安さは、ユーザーに魅力的な要素になるので」と価格を抑えた意図を明かす。

「でも会社的には儲けろよという話で(笑)。みんなが苦労して作った自信作ですし、だから結果を出さないといけない」とこの大きな挑戦にかかるプレッシャーを口にする。


写真:玉山茂幸(ミズノ)/撮影:槌谷昭人

だが、ミズノには幾度となく大きな壁に挑み乗り越えてきた“挑戦の遺伝子”が根付いている。初めて卓球業界に本格参入したとき、ラケット・ラバー市場に参入したとき、自社でラバー開発を始めたとき。何度も挫けそうなった。でも、諦めなかった。それは大きな壁の向こう側に、ユーザーが待っているからだ。

「強くなりたい。試合でもう1つ勝ちたい。そういう卓球が大好きで情熱を燃やして毎日一生懸命やっている人たちほどラバーの消耗は早い。そういう人たちが思う存分練習できるラバーを作りたかったんです」。

だからミズノは「“No Limit for Passion”」をスローガンとして掲げ、限りない情熱と共に卓球を愛する人に寄り添い、ものづくりを続ける。

ものづくりを通してユーザーに寄り添ってきたミズノ

今回同時に発売される特殊素材ラケットも、ユーザーとのコミュニケーションでできあがった物だ。アルティウス INNER、アルティウス OUTER、アルティウス COMBOと3種類が¥14,300(税込)で登場する。

「インナー寄りの感覚がありながら、少し弾みもほしい。ただ、アウターとはまた違う」という声から、コンボというインナーとアウターの中間のラケットが誕生した。デザインやパッケージもユーザーに意見を聞きながら反映した。「指に引っかかる」という声から、ラケットのレンズ部分を小さくするなど細部にもこだわっている。


写真:アルティウス INNER(写真左)とアルティウス COMBO(写真右)/撮影:ラリーズ編集部

ものづくりを通してユーザーに寄り添ってきたミズノだからこそのこだわりだ。

「ユーザーに寄り添って、ミズノ株式会社内では非常に苦しい思いをしていますけども(笑)」と玉山は冗談めかして語るが、その“挑戦の遺伝子”は卓球界にも確実にミズノのファンを生み始めている。

挑戦なきところに、歴史は生まれず。

彼らのチャレンジが結実した製品を、ぜひ手にとって感じてみてほしい。

ミズノ契約の前出陸杜所属 高田高校潜入動画

ミズノ契約の高橋航太郎所属 実践学園高校潜入動画

関連特集・なぜ大島祐哉はミズノを選んだのか(2021年5月公開)


写真:大島祐哉(木下グループ)/撮影:田口沙織

>>特集・なぜ大島祐哉はミズノを選んだのか

男子ランキング
2022.11.22
世界
日本
1
樊振東(中国)
7700 pt
2
張本智和(日本)
4550 pt
3
馬龍(中国)
4400 pt
1
張本智和(日本)
4550 pt
2
宇田幸矢(日本)
1148 pt
3
篠塚大登(日本)
912 pt
女子ランキング
2022.11.22
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
8270 pt
2
陳夢(中国)
6715 pt
3
王曼昱(中国)
5250 pt
1
伊藤美誠(日本)
3415 pt
2
早田ひな(日本)
3005 pt
3
石川佳純(日本)
1890 pt