創部90年以上関西学生リーグ1部から降格なし 同志社大学男子卓球部に潜入 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:同志社大学男子卓球部/撮影:ラリーズ編集部

卓球インタビュー 創部90年以上関西学生リーグ1部から降格なし 同志社大学男子卓球部に潜入

2022.07.04

この記事を書いた人
Rallys副編集長。学生卓球を愛し、主にYouTubeでの企画を担当。京都大学卓球部OB。戦型:右シェーク裏裏

2022年春季関西学生リーグで2位に入ったのが同志社大学男子卓球部だ。今年度最初の新人戦でも1年生4人(中川泰雅、田口義仁、隅谷傳時郎、齋木侑京)で25年ぶりの団体優勝を果たしている。

1929年に創部した同志社大学卓球部は、関東・関西のすべての大学を通じて唯一、1部リーグから陥落したことがないという歴史を持つ。

今回は同志社大学男子卓球部に潜入し、同志社大学OBで全日本ジュニア優勝や全日本ランク入りなどの実績を持つ福田可信監督と主将の近藤怜央(同志社大学4年・松商学園高校出身)に話を聞いた。


【同志社大学男子卓球部】関西学生リーグ1部に所属する卓球強豪校。2020年秋季関西学生卓球リーグでは12年ぶりの優勝を果たし、2022年春季関西学生卓球リーグでは2位に入った。1929年の創部以来、90年以上関西学生卓球リーグ1部から降格したことがないという歴史を持つ。

全日本ジュニアベスト16が一般入試で入学


写真:同志社大学男子卓球部の福田可信監督 全日本ジュニア優勝、インカレ団体3位、全日本選手権一般ランク入りなどの実績を持つ。2019年に監督就任/撮影:ラリーズ編集部

――福田監督は、同志社大学卓球部OBでもありますが、監督をやってみて、今の卓球部はどんな感じだと感じていますか?
福田可信監督:私たちの頃と基本的には変わってないんですけど、学生たちは文武両道をしっかりとやっています。加えて、卓球が大好きで強くなりたいという学生が多いですね。

「卓球部は〇人」というようなスポーツ推薦の枠がなく、なかなかスポーツ推薦で入ってくるのが他の強豪大学に比べて難しく、男子の場合だいたい3割くらいしかスポーツ推薦はいないのも特徴の1つです。

――一般入試で入った学生も活躍されていますよね?
福田可信監督:一般入試で入ってきた学生は進学校が多いので、高校時代は周りに強い選手もおらず、授業優先で卓球をしてきています。センスはあるんですけど、ちゃんとした指導を受けてなかったりするので、大学入ってから練習時間が増えたという学生もいますね。


写真:同志社大学卓球部の練習風景/撮影:ラリーズ編集部

福田可信監督:一般で入った人は、練習環境が恵まれてなかったことも多いので、自分で創意工夫してやってきています

同志社大学で、ある程度強い選手と練習できたり、多くの試合を通して卓球での修羅場をくぐる経験をすることで伸びていっている選手も多いです。


写真:久世雄登(同志社大学3年・知立東高校出身) 全日本ジュニアベスト16の実績を持ちながら一般入試で同志社大学に入学/撮影:ラリーズ編集部

――色んな人材が混じり合っているのはいいですね。
福田可信監督:レギュラーで活躍している久世(雄登)も一般入試で入ってきています。「一般入試ですごいやつが合格したらしい」と話題になっていました。

彼は、高3のインターハイ予選が終わったらすぐ受験勉強を始めたらしくて、初めて来たときは10か月以上練習してない状態でした。「10キロ太りました」と(笑)。

「まずは体重を減らして、しっかり感覚を戻していこう」なんて言っていましたが、今やレギュラーとしてチームを支えています。


写真:久世雄登(同志社大学3年・写真左)・田口義仁(同志社大学1年)/撮影:ラリーズ編集部

福田可信監督:久世の代で言うと、竹村(浩輝)は東山高校の主将として、伝統校でやってきて、商学部にスポーツ推薦で入っています。

もちろん中には全国大会出たこともないような選手もいます。実力や卓球をやってきた環境も様々ですが、卓球は大好きで強くなりたいという選手ばかりです。


写真:竹村浩輝(同志社大学3年・写真左)・富澤俊(同志社大学2年)/撮影:ラリーズ編集部

考えて練習して強くなる

主将の近藤にも話を聞いた。


写真:近藤怜央(同志社大学)/撮影:ラリーズ編集部

――主将から見て、同志社大学卓球部はどういうチームですか?
近藤怜央:スポーツ推薦で入ってくる人が2,3割しかいなくて、ほとんどがスポーツ推薦以外の一般入試や指定校推薦などで入ってきています。

本当に卓球がやりたいと思って同志社大学に入ってきてくれているので、卓球好きばかりだなと思います。


写真:和田陽暉(同志社大学2年・東山高校出身) 指定校推薦で進学/撮影:ラリーズ編集部

――スポーツ推薦以外の選手も活躍する理由は、どういうところにあると思いますか?
近藤怜央:1人1人考えて練習しているのが一番の理由だと思っています。

同志社大学は授業との兼ね合いやキャンパス同士の距離が遠いこともあって、練習時間があまり長い方ではありません。ただ、そういった少ない練習時間の中で自分の長所を理解して、効率良く練習してくれているのが、強くなっている要因だと感じています。


写真:近藤怜央(同志社大学4年)/撮影:ラリーズ編集部

――今後の目標もお願いします。
近藤怜央:直近の目標はインカレでベスト8に入ることです。

また、春リーグで女子は優勝してくれたんですけど男子は2位で終わってしまったので、秋はアベック優勝することが目標です。

大学150周年、卓球部100周年に向けて

再び福田監督に話を聞く。

――スポーツ推薦が確実でない中で、ずっと関西学生リーグ1部で戦っているのもすごい歴史ですよね。
福田可信監督:本当にすごいと私も思うんですけど、1929年に卓球部ができて以来、1回も関西学生卓球リーグで1部から落ちたことがないんですよ。

優勝回数で言うと近畿大学さんがものすごい優勝回数で、同志社大学は2020年秋が12年ぶりの優勝でした。ただ、1部から落ちたことがないのは唯一です。

私が現役の頃は、インカレでも近畿大学と同志社大学がベスト4というように関西男子勢も上位にいました。関西が関東に対抗して強かった時代もあったので、今後、同志社大学含めて関西を盛り上げていけたらなと思っています。


写真:中川泰雅(同志社大学1年・安田学園高校出身)/撮影:ラリーズ編集部

――最後に今後の目標もお願いします。
福田可信監督:まずは関西学生リーグでまた優勝したいというのが1つ。

あとは関東に何とか勝っていきたいという思いもあるので、インカレでは昨年のベスト16の1つ上、ベスト8でのランク入りを目標にしています。

また、同志社大学自体が2025年で150周年ですし、卓球部が1929年創部なので2029年が100周年になります。2020年台は結構周年があるので、そういう節目に良い結果が出せれば大学自体が盛り上がるでしょうし、長期的にはそういう風に思っています。


写真:同志社大学男子卓球部/撮影:ラリーズ編集部

【動画】潜入!同志社大学男子卓球部

動画では各選手のプレーやコメント、練習メニュー紹介などもありますので、ぜひご覧ください。

【動画】潜入!同志社大学女子卓球部

潜入・大学卓球部

>>特集・早稲田大学や専修大学など名門校に潜入!

男子ランキング
2022.08.05
世界
日本
1
樊振東(中国)
5500 pt
2
馬龍(中国)
3700 pt
3
梁靖崑(中国)
3085 pt
1
張本智和(日本)
3020 pt
2
宇田幸矢(日本)
968 pt
3
戸上隼輔(日本)
475 pt
女子ランキング
2022.08.05
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
5770 pt
2
陳夢(中国)
5580 pt
3
王曼昱(中国)
4710 pt
1
伊藤美誠(日本)
2905 pt
2
早田ひな(日本)
2710 pt
3
石川佳純(日本)
1540 pt