【俺の卓球ギア#3】政本ひかり(同志社大学)


卓球パーソンのこだわりグッズを紹介する「俺の卓球ギア」。

第3回となる今回は、奈良女子高校時代にインターハイベスト32、同志社大学で平成28年度には関西学生チャンピオンに輝いた政本ひかり選手のギアを紹介する。

政本ひかりの卓球ギア


・ラケット: 剛力男子(FL・ニッタク)

・ラバー:F 翔龍(特厚・ヤサカ) / B テナジー05(特厚・バタフライ)

テナジー05を購入したい方はこちら(外部サイト:卓球ナビ)
・こだわり:母からのメッセージカード
、めぐりズム 蒸気でホットアイマスク(花王)
※ギアは2018年2月時点のもの

ラリーズ編集部のコメント

168cmと恵まれた体格を活かし、総重量216gのラケットを操る政本。

「ラケットは以前普通の剛力を使用していましたが、作馬(六郎)さんの勧めで剛力男子に変更しました。ラケットが重く、その分振り切ると重くて伸びるボールが打てるところが魅力です。私はスピードで勝負できないので、体格を生かして回転量で勝負しよう、という視点でラバーを選んでいます。翔龍は中国ラバーの中でもかなり使いやすくて、スマッシュも打てるラバーなので気に入っています。」

総重量200gを超えるラケットは、男子でも重いと感じる選手が多い中で、自らの特徴を活かすための用具選びが長年関西卓球界を牽引してきた一因なのかもしれない。

そんな政本のこだわりのギアは、母からのメッセージカード。

高校時代から大事な試合のたびに、自宅の庭で摘んだ四つ葉のクローバーを添えたメッセージカードを母が手渡してくれていたとのこと。今まで貰ったメッセージカードを試合前に繰り返し読むことで気合いが入るという。

また、ホットアイマスクも政本に欠かせないギアの1つ。

「私自身すごく緊張するタイプで、試合の前日はなかなか眠れないので、リラックスするためにもホットアイマスクは必需品です!特にこの森の香りがいちばんのお気に入りです!」

試合前日の夜に緊張して眠れない経験は、卓球人なら誰しもが通る道。トップ選手が示す“ホットアイマスク”という解決策、試す価値ありだ。

同志社大学卒業後は製薬会社に勤務し、卓球は趣味程度に続けるそうだ。

関西学生卓球界を牽引してきた政本のこれからの卓球人生も楽しみだ。

政本ひかりの卓球動画

【今日の1試合】「攻めるコース」が勝敗を分けた大矢-政本戦|卓球動画

その他選手のギア一覧

【俺の卓球ギア】選手たちの勝負道具を徹底解説!

文:山下大志(ラリーズ編集部)

この記事のURLとタイトルをコピーする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする