"聖地"のそばで卓球売り場をTリーグ仕様に!ゼビオ立川店で展示中の日生サインラケットを見に行きたい | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
2019.08.27
[PR]

“聖地”のそばで卓球売り場をTリーグ仕様に!ゼビオ立川店で展示中の日生サインラケットを見に行きたい

写真:水谷隼ファンの長谷川さんとTリーググッズ/撮影:寺西ジャジューカ

Tリーグの2019-2020シーズンが8月29日より開幕する。対戦カードは、昨年度のプレーオフファイナルと同じ「木下マイスター東京VS岡山リベッツ」。場所は、おなじみアリーナ立川立飛だ。

この会場、もはや“Tリーグの聖地”として認知された感がある。高校野球で言うところの甲子園や、格闘技の後楽園ホールのような。

>>五輪前、卓球売り場拡大中!ヴィクトリア三鷹店の“ご近所流接客術”と酸素カプセル

やはり、張本グッズが群を抜いて人気

開幕が近づくにつれ、もちろん周辺も活気づく。立飛駅と直結した「ららぽーと立川立飛」内にある「スーパースポーツゼビオららぽーと立川立飛店(以下、立川店)」は、卓球コーナーを“Tリーグ仕様”にし、多くのファンの来店に備えているようだ。スタッフの長谷川義剛さんに話を伺った。

「昨年度のTリーグがオフシーズンになってから一度は売り場のスペースを半分にしたのですが、これからまたリーグが始まりますので広げなおしました。現在の商品数は、約400品です

グッズ売り場の様子
写真:グッズ売り場の様子/撮影:寺西ジャジューカ

いざ、Tリーグが始まれば同店への来客は激増するはず。もちろん、アリーナでの観戦前後に同店へ立ち寄るという流れである。

「うちの系列でもTリーググッズは3店舗(立川店、ゼビオ御茶ノ水店、ヴィクトリア越谷イオンレイクタウン店)でしか取り扱っておらず、Tリーググッズの品揃えは意識して厚くしています

会場へ行く前に当店でグッズを買ってテンションを上げたり、もしくは会場では売り切れで買えなかったけど観戦後に立ち寄った当店で買いそびれたグッズを発見、購入したりするお客様が多いようです。ゼビオのオンラインストアでも販売はしているのですが、お店にお越しいただければTシャツの試着もできますしね」

グッズ売り場の様子
写真:グッズ売り場の様子/撮影:寺西ジャジューカ

中でも、立川店での売れ筋は何になる?

「特に人気は、木下マイスター東京のTシャツです。選手名入りのタオルだと、張本智和選手が群を抜いています」

やっぱり、張本が一番人気! 一方、女子選手の売れ筋商品は?

「恥ずかしがり屋の方が多いのか、皆さんあまり買われて行かないんです。手に取って見るまではしていただけるのですが……」

どうしてもTリーグファンは男性のほうが多い。つまり、女子選手のネームが入ったタオルやTシャツで応援することに躊躇があるようだ。奥手! 

TリーグのチームTシャツ
写真:TリーグのチームTシャツ/撮影:寺西ジャジューカ

ちなみに、長谷川さんがお好きな選手は?

「私は水谷隼選手です。粘り強く、台から離れたラリーをしたり楽しませてくれるプレーをする選手なので。そういう選手はなかなか少ないですし、卓球の普及に貢献しているという意味で好感を持っています」

こうしたグッズ以外に、同店ではTリーグとのコラボTシャツも販売中だ。

「卓球のウェア自体がそんなにないので、こちらのTシャツを買われる方も多いです。昨年もTリーグとのコラボTシャツはありましたが、今年はまた新たなバージョンを出しました。このTシャツはうちのグループ全店で取り扱っているのですが、Tリーグの会場では販売しておりません」

TリーグコラボTシャツ
写真:TリーグコラボTシャツ/撮影:寺西ジャジューカ

>>卓球の本場・中国からも来店!? スーパースポーツゼビオ錦糸町店では“変わった器具”でのリフレッシュもできる

Tリーグ発足を機に激増した学生プレイヤーに対応

基本的に、Tリーグファンはプレイヤーが大多数。つまり、Tリーグ発足と同時に卓球人口は激増した。

「Tリーグが開幕した昨年10月をきっかけに、お店に来る客層も変わりました。着実に中高生以上の方が増えています。3年ほど前からプレイヤーの数は増加傾向にありましたが、さらにTリーグ発足が決め手になったという印象ですね。

理由はわからないのですが、東京の特に郊外のほうへ行くと中学高校の卓球部の人気が凄く、入部待ちや人数制限が掛かってしまう状況のようです。これはバドミントンに関しても同様で、ここに来て強くメジャーになっているスポーツが、郊外へ行くとなぜか超人気なんです」

立川店は近くの立川駅がハブステーションということもあり、学生が通学の行き帰りに「ちょっと降りていこう」と訪れやすい立地でもある。Tリーグによって立川店の知名度がアップし、同時に学生プレイヤーが増加。今、立川店と学生の相性はすこぶる良いのだ。

この状況に対応するべく、同店は学生向けの商品展開も充実させつつある。ラケットは高価格帯より中価格帯の物を厚くし、ラバーは品揃えを強化。こうした商品展開で、学生層の買い替えを促していく。

「ラケットは、中価格帯ということで1万円前後のハッドロウを増やしました。ラバーも追加で多めに入れています。最近はファンの間で卓球熱が高まり、それまではボロボロでもガードテープを替えるだけで済ませていた学生さんが、仲間から『ラバーが悪いんだよ』と指摘され、貼替えを行う……という流れが増えています」

品揃え豊富なラバー

超レア! 日生の非売品サイン入りラケットを発見

店内を見渡すと、こんな物が展示されているのを発見!

日本生命サイン入りラケット
写真:日本生命サイン入りラケット/撮影:寺西ジャジューカ

昨年のTリーグ女子開幕戦で、日本生命レッドエルフの選手からサインをいただきました!

超レアなこのラケット(非売品)を見るだけでも来店の価値はあるだろう。

ちなみに今回話を伺った長谷川さん、卓球売り場を20年以上も担当してきたベテランスタッフである。

「私が部活で取り組んでいた時代は、卓球が“根暗なスポーツ”と言われるような状況でした。しかし、水谷選手らの活躍によって卓球人気が高まった。今では、当たり前のように試合がテレビ中継されています。Tリーグ発足は本当に感慨深かったですね。

他店と比べ、立川店は遠方から来るお客様が多い店舗。『Tリーググッズが欲しい』という目的でお越しになる方が多いですので、スタッフ一同、皆様に損をさせないような接客を心がけています」。

今回伺ったのはこちら 【スーパースポーツゼビオららぽーと立川立飛店】

スーパースポーツゼビオららぽーと立川立飛店

住所:東京都立川市泉町935番地1 1F
電話番号:042-540-7180
営業時間:10:00~21:00
ホームページ:https://www.supersports.co.jp/shop/supersports/889/
Facebook:スーパースポーツゼビオららぽーと立川立飛店 FBページ

>>試打ラケットの山!? “試し打ち”すると元全国選抜ベスト8がぴったりの1本を見抜いてくれるショップがあるらしい

文:寺西ジャジューカ

コメント
0
男子ランキング
2019.11.16
世界
日本
1
樊振東(中国)
16250 pt
2
許キン(中国)
16160 pt
3
林高遠 (中国)
14975 pt
1
張本智和(日本)
13465 pt
2
丹羽孝希(日本)
10840 pt
3
水谷隼(日本)
10195 pt
女子ランキング
2019.11.16
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16965 pt
2
劉詩文 (中国)
15360 pt
3
孫穎莎 (中国)
14895 pt
1
伊藤美誠(日本)
13340 pt
2
石川佳純(日本)
11805 pt
3
平野美宇(日本)
11375 pt
SNS
FOLLOW US