ダブルス結成もハプニング、ライバル校で戦ったインハイ決勝 宋恵佳×松平志穂の同級生対談前編 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:松平志穂(サンリツ・写真左)・宋恵佳(中国電力)/撮影:ラリーズ編集部

卓球×インタビュー ダブルス結成もハプニング、ライバル校で戦ったインハイ決勝 宋恵佳×松平志穂の同級生対談前編

2022.02.28

この記事を書いた人
Rallys副編集長。学生卓球を愛し、主にYouTubeでの企画を担当。京都大学卓球部OB。戦型:右シェーク裏裏

全日本卓球選手権で引退となった宋恵佳(中国電力)は、中国式ペンホルダーとして長く活躍し、引退試合も全日本女子ダブルス決勝戦まで勝ち上がった。


【宋恵佳(そう えか)】1995年7月10日生まれ。右中ペン裏裏。青森山田中高を経て、実業団の中国電力で活躍。2022年の全日本卓球選手権を最後に引退を表明。インターハイダブルス2連覇、全日本社会人ダブルス優勝、日本卓球リーグ1部では単複合わせて90勝以上と数々の実績を持つ。

卓球ファンから惜しまれつつもラケットを置くことを決めた宋とともに、1995年生まれの世代を代表する選手の1人が松平志穂(サンリツ)だ。兄は松平賢二(協和キリン)、松平健太(ファースト)と卓球一家として育ち、全日本ジュニア優勝など多くの実績を残している。


【松平志穂(まつだいら しほ)】1995年6月28日生まれ。右シェーク裏裏。四天王寺中高を経て、ミキハウス、日本ペイントマレッツでプレーし、減じあは実業団のサンリツの主将を務める。2013年の全日本選手権ジュニアの部で優勝。しゃがみ込みサービスからの両ハンドドライブが特徴。

1月末の全日本選手権が終了後、同級生2人の対談が実現した。小学生時代から対戦経験があり、ジュニアナショナルチームではダブルスを組んだという2人。ダブルスでのエピソードやインターハイ学校対抗決勝戦の思い出など、前編では学生時代の2人についてをお届けする。

初めての出会いはホカバの予選リーグ


写真:松平志穂(サンリツ・写真左)・宋恵佳(中国電力)/撮影:ラリーズ編集部

――そもそものお二人の初めての出会いはいつなんでしょうか?
松平志穂:結構面白いですよ(笑)。
宋恵佳:小学校2年の全日本ホカバのバンビです。志穂が第1シードで、私は初めての全国大会でした。

私はそもそも全国大会と知らずに家族旅行で試合のある神戸に来たみたいな感じでした。「すごい強い子と当たる」と言われて、それが志穂でした。

でも、私が先にコートに入ってて、志穂が後から来たら、なぜかラケットを持っていなくて(笑)。

松平志穂:そうなんです。

試合前に「宋恵佳」という名前を見て「この人は中国人だ…めっちゃ強い…」となって、試合前から泣いてました。たぶん思考停止状態になっていて、コートにラケット持ってくるのを忘れました(笑)。


「後々聞いたら恵佳は旅行に来たみたいな感じだったらしくて、待ってよ、こっちは半泣きになったんだよみたいな話をしました(笑)」

――試合の結果はどうだったんですか?
松平志穂:私が3-0で勝ったんですけど全部デュースでした。それは覚えています。
宋恵佳:私は卓球始めてまだ1年とかだったので、しゃがみ込みサービスなんて見たことないし、どう当てたら入るの?みたいな感じでした(笑)

しかもその時、私の戦型ペン表じゃなかった?


しゃがみ込みサービスを今も得意としている松平志穂(サンリツ)

松平志穂:そう(笑)。でも私は恵佳がどんな感じだったかよりも中国選手だということに頭がいっぱいすぎて、記憶が飛んでます(笑)。

中学時代はダブルス結成もハプニングも!?


写真:松平志穂(サンリツ)/撮影:ラリーズ編集部

――中学校時代はジュニアナショナルチームでダブルスも組まれたんですよね?
宋恵佳:中学校では、アジアジュニアでダブルスを組みました。
松平志穂:一本一本つまらない会話をしていた記憶があります(笑)。「あの人の短パンおかしくない!?」みたいな全然試合と関係ない会話を構えながらしてました。


宋恵佳「え!?全然覚えてない(笑)」 松平志穂「うそ!?」

松平志穂:あとは、アジアジュニアの前に、遠征でダブルスを組んだんですけど、その時に試合中に急に消えたんですよ。
――え!?どういうことですか?
松平志穂:試合中に私がレシーブしてパッて見たらいなくて。そうしたら後ろで恵佳がこけてました。何もないところで(笑)。
宋恵佳:あの時期転びがちでした(笑)。
松平志穂:恵佳は今ではこのクールな感じなんですけど、おっちょこちょいでした。今でも鮮明に覚えているくらい面白かったです。

インターハイ決勝で直接対決


写真:松平志穂(サンリツ・写真左)・宋恵佳(中国電力)/撮影:ラリーズ編集部

――高校では松平選手が四天王寺高校で、宋選手が青森山田高校とライバルチームでしたが、対戦はありましたか?
宋恵佳:2013年、高校1年生のときに青森であったインターハイの学校対抗決勝の一番で当たったのが、久しぶりの対戦でした。
松平志穂:私はすごい恵佳に苦手意識があったので、もう終わった…と。1年生から単複2点出てたので終わったとか言っちゃいけないんですけど。


「恵佳も2点出てたよね?」

――シングルスもダブルスも当たったんですね。
松平志穂:ダブルス含めて2点落としたのですが、先輩方がシングルスで3点取って下さって、本当に感動した試合でした。
宋恵佳:青森インターハイは青森山田の方が有利だったと思います。地元で戦力も揃ってました。丹羽(美里)さん、鈴木(李茄)さん、私、あと中国人の子もいたので、負けて悔しかったです。


「絶対に優勝すると意気込んでたので…悔しかったです」

全日本ジュニアでも対戦


写真:松平志穂(サンリツ・写真左)・宋恵佳(中国電力)/撮影:ラリーズ編集部

宋恵佳:あと全日本ジュニアでも当たったよね?ジュニアで志穂が優勝したときの準決勝。
松平志穂:そうそう!私は本当に恵佳に分が悪くて、本当に嫌だと思って試合してました。
宋恵佳:私は志穂に分がいいから、この組み合わせは大きいと思ってました(笑)。そういうときは大体負けるんですけど。

準々決勝が終わって、次の準決勝何時だろうとタイムテーブルを見たら、気分がハイテンションすぎたのか、15時を5時だと見間違えてしまって。

松平志穂:え!?そうだったの?
宋恵佳:先生にも「次の準決勝まで時間あるので少し昼寝してきます」と言って寝てて、パッと起きたら隣の準決勝が始まってました。

焦ってタイムテーブル見たら、「15時」となってて急いで行ったんですけど、寝起きでチンプンカンプンなまま気づいたら0-3で負けてました(笑)


「志穂も待ってくれてました」

松平志穂:誰も起こしてくれんかったんかい!
宋恵佳:会場の隅っこで寝てたから。でも志穂はあのときめちゃくちゃ強くて、寝起きとか関係なく普通に負けた。
松平志穂:ありがとうございます(笑)。寝てたのは知らなかったけど、結構待った記憶はあるかも。
宋恵佳:本当に焦った。あと当たり前だけどそのあとめちゃくちゃ怒られた(笑)。


写真:松平志穂(サンリツ・写真左)・宋恵佳(中国電力)/撮影:ラリーズ編集部

高校まではダブルスを組んだり、インターハイ学校対抗決勝戦で戦ったりと切磋琢磨した宋恵佳と松平志穂。高校卒業後は、宋は実業団の中国電力へ、松平はミキハウスへと進路を決めた。

再び2人の距離が近づいたのは、松平が実業団のサンリツに入ってからだ。対談後編では、同じ日本卓球リーグの実業団でプレーした時期からの話を聞く。

>>「同期でなんでも話せる存在」社会人で変わった心境とは 宋恵佳×松平志穂の同級生対談後編

【動画】宋恵佳×松平志穂の同級生対談

【動画】宋恵佳×庄司有貴×鈴木李茄 特別対談動画

男子ランキング
2022.05.04
世界
日本
1
樊振東(中国)
6900 pt
2
馬龍(中国)
3400 pt
3
梁靖崑(中国)
2700 pt
1
張本智和(日本)
1985 pt
2
宇田幸矢(日本)
724 pt
3
戸上隼輔(日本)
350 pt
女子ランキング
2022.05.04
世界
日本
1
陳夢(中国)
5225 pt
2
孫頴莎(中国)
5000 pt
3
王曼昱(中国)
3500 pt
1
早田ひな(日本)
2535 pt
2
伊藤美誠(日本)
2225 pt
3
石川佳純(日本)
1240 pt