あなたに勇気を与える卓球選手の言葉#10 松平賢二、平野友樹編 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
2020.05.30

あなたに勇気を与える卓球選手の言葉#10 松平賢二、平野友樹編

写真:松平賢二(写真左)・平野友樹(ともに協和キリン)/撮影:伊藤圭

輝かしい成績を残している選手も、我々には想像もできないような挫折や絶望を乗り越え、卓球台に向かっている。

数多の栄冠や挫折を経験した選手たちの生き様や紡ぎ出される言葉は、我々の心に深く響き、勇気をくれる。

今回は、協和キリンのチームメート、松平賢二、平野友樹の2選手の名言を抜粋してお届けする。

>>卓球界初の「選手会」が発足 発起人が明かす“2つの狙い”とは

「認めてもらうどころじゃない。そもそもどうやったら自分と練習してもらえるか、からですよ」(松平賢二)

「母からは『田舎なんだから安定が一番』って口酸っぱく言われてて、だから中2の途中まで公務員になるべく勉強頑張ってました」と意外な過去を明かす松平賢二。

名門・青森山田の吉田安夫監督に後押しされ、中3の9月に青森山田に入学、日本最高峰の卓球の名門の門を叩くことになる。


写真:松平賢二(協和発酵キリン)/撮影:ラリーズ編集部

入学早々、卓球部の強さの秘訣を知ることになる。待っていたのは徹底的な実力の世界だ。同期には水谷隼もいる。負けるわけにはいかない。「まずは部に自分を認めてもらわないと」。そう息巻いていた。

だが、目標は早々に縮小することになる。「認めてもらうどころじゃない。そもそもどうやったら自分と練習してもらえるか、からですよ」という。

その真意とは。

▼松平賢二のインタビューはこちらから

>>【松平賢二#1】”運命の同期”水谷隼と正反対の道の始まり 

>>【松平賢二#2】「将来は公務員」 安定志向から実力主義への転換

>>【松平賢二#3】エリートの巣窟での「生存戦略」 ラスト1席に座るのは俺だ

>>【松平賢二#4】“29歳で掴んだ好機”と”意外な23時の電話”

「なんか突き抜けた、という感じがあったんですもっと上を目指したい、いや、目指せる、と思ったんです」(平野友樹)

「平野」の姓を聞けば、思い出されるのはロンドン五輪で日本卓球界初のメダルを獲得した平野早矢香、通称「卓球の鬼」だ。平野友樹は彼女の弟である。

平野が「Tリーグに入って世界を目指そう」と決意した大会があった。それが2017年の全日本選手権だ。この大会では3位に終わっている。だが、ただの3位、ではない。


写真:平野友樹(協和キリン)/撮影:ラリーズ編集部

4回戦で張本智和を4−0で下し、同期のライバル・神巧也を破り、準決勝へ進出した。水谷隼にこそ破れはしたものの、オープニングから2ゲームを連取、強烈な先制パンチを浴びせた。

「実力のある選手に勝てたのが自信になった。水谷さんとも善戦して“もうちょっと強くなりたい”と思うようになった。なんか突き抜けた、という感じがあったんです。もっと上を目指したい、いや、目指せる、と思ったんです」。

▼平野友樹のインタビューはこちらから

>>平野友樹 “鬼の弟”が覚醒した「張本を倒した大会」

特集:あなたに勇気を与える卓球選手の言葉

>>#1 大島祐哉、森薗美月、早田ひな、森薗政崇編

>>#2 リアム・ピッチフォード、神巧也、松平健太編

>>#3 木原美悠、打浪優、森薗美咲編

>>#4 水谷隼、田添兄弟編

>>#5 吉村真晴、吉村和弘編

>>#6 三部航平、及川瑞基編

>>#7 有延大夢、村松雄斗、荘智淵、陳建安編

>>#8 丹羽孝希、吉田雅己編

>>#9 木造勇人、戸上隼輔編

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.07.03
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.07.03
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US