「俺、まだやれるじゃん」 成長する30代の"10㎝のこだわり"<卓球・高木和卓> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:高木和卓(東京アート)/撮影:伊藤圭

卓球×インタビュー 「俺、まだやれるじゃん」 成長する30代の“10㎝のこだわり”<卓球・高木和卓>

2020.04.26 取材・文:武田鼎(ラリーズ編集部)

今期実業団の日本リーグで5つのタイトルのうち4つを獲った東京アート。常勝軍団の主将を務めるのが高木和卓だ。

今期の快進撃について、高木和は「若手が2人、吉村和弘と坪井勇磨が入ってきて、チームの雰囲気も良くなった。彼らに危ないところ助けてもらったりもしたところがあった」と分析する。

キャプテンとしては「特にはないですがまとめるくらい。まあ例えば練習場で時間を過ぎてメンバーがダラダラ話していたら、“やるよー”って声かけるとか、それくらいですかね。面倒くさい縛りはないんです」。現在、31歳、チームの中には8歳離れたメンバーもいる。かつての体育会系のようなやり方では通用しないのは分かっている。

>>東京アート特集第1話 大森監督「“気付き”が選手を強くする」 東京アート卓球部を常勝軍団へ鍛え上げた指導法

30代で全日本ランク入り「俺、まだやれるじゃん」

30代を迎えて何よりも痛感するのは己の肉体の変化だ。「劣化は速いですね…。練習終わって少し休んでも回復はしない。疲れが染み付いちゃうんですよね。以前は疲れが回復して筋肉になっていたところもあるけど、今はなかなかね…」。


写真:高木和卓(東京アート)/撮影:伊藤圭

だが、肉体の衰えに反して高木和は成長を実感している。「2019年の前期の日本リーグで、吉田(海偉)さんも和弘もちょいちょいシングルスで負けちゃうことがあって、何度か5番の自分に回ってくることがあった。そこで勝てたことがあって、あのときはすごい自分の中で、“まだやれるな、まだプレッシャーに耐えれるな”と」。確かに高木和の前期日本リーグの5番での勝率は100%と高い。


写真:高木和卓(東京アート)/撮影:伊藤圭

高木和の好調、その原動力になった試合がある。2019年の全日本選手権でのことだった。Tリーガーである森薗政崇を下し、ベスト16に食い込んだのだ。

「あれで自信がついた。森薗に勝ったら、日本リーグでも負ける相手はそういないだろうって。ランク入りしたのは5年ぶりだったんですよ。30代でランク入りしてるのって、僕くらいしかいなくて。(水谷)隼は当時29歳だから。俺、まだやれるじゃん、って(笑)」。

30代でも強くなるために “10㎝”のこだわり

たくましくなったのは精神面だけではない。30代に差し掛かって、経験はプレーに円熟味をもたらした。高木和のこだわりは練習の些細なやり取りにも現れる。


写真:高木和卓(東京アート)/撮影:伊藤圭

「例えばストップの練習だと、返球した後に相手もストップするのが分かっているから台の近くで待つことが多い。でも、実際の試合では何が来るかわからない。だから一度ストップで返球したあとは前にも後ろにも行けるように立ち位置を戻さないといけない。他にも、フォアの練習だと、フォアを打った後に、多くの人が思いっきりフォアの体勢で振りかぶって待っている。でも実戦だと何が返ってくるかわからないから、少しバック側にも気を回しておいた方がいい。すると自然に手はニュートラル寄りに10cmくらいは戻ってないと」。

たかが練習、たかが10cm、それでも意識するのとしないのとでは試合では歴然と違うのだという。それは東京アートの大森監督が大切にする「気付きの卓球」との相通ずるものがある。


写真:高木和卓(東京アート)/撮影:伊藤圭

高木和自身、「考える卓球」の意味に気づいたのは最近のことだ。「正直、以前はあんまり聞く耳もたず、みたいな時期があった。学生のときほとんど負けたことなかったから、考える必要もなかった。でもやっぱり社会人になってプレッシャーとか負けてきて考えるようになったっていうのは正直ありますね。やっぱり負けてくると考えますよね」。

それに主将という立場も高木和の立ち振る舞いを変えた。「8歳下の選手とかいるんで、変な試合はできないですよね。だから練習でも流したりだらしない試合とかは絶対やりたくない。『ダメだな』とか『年取ってるから疲れた』とかそんなことは絶対に口に出さないようにしています」。


写真:高木和卓(東京アート)/撮影:伊藤圭

30代を迎えてなお成長する高木和。東京アートのキャプテンとして大森監督が掲げるグランドスラムを達成できるか。成功の鍵は高木和が握っている。

東京アート特集はこちら


写真:東京アートメンバー/撮影:伊藤圭

>>大森監督「“気付き”が選手を強くする」 東京アート卓球部を常勝軍団へ鍛え上げた指導法

>>吉田海偉・前編 「卓球だけは負けられなかった」青森山田第1世代の留学生

>>吉田海偉・後編 「45歳まで卓球続ける」 ベテラン吉田海偉、“長寿”の秘訣は家族の支え

>>上江洲光志(東京アート)の用具紹介|俺の卓球ギア#58

>>坪井勇磨(東京アート)の用具紹介|俺の卓球ギア#59

(取材:3月上旬)

男子ランキング
2020.08.11
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.08.11
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt