吉村真晴「島の皆さんからパワーもらえた」琉球アスティーダ、石垣島で講習会と卓球教室開催 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:吉村真晴と森薗美月(どちらも琉球アスティーダ)/提供:一般社団法人卓球ジュニアサポートジャパン

卓球トピック 吉村真晴「島の皆さんからパワーもらえた」琉球アスティーダ、石垣島で講習会と卓球教室開催

2020.11.09 文:ラリーズ編集部

6日と7日、沖縄県石垣島で「石垣島から世界へ!オリンピアン卓球教室」(主催:石垣市)と題して、講習会と卓球教室が開催された。

沖縄の卓球プロチーム・琉球アスティーダから吉村真晴森薗美月、代表の早川周作氏、そして日本生命レッドエルフ総監督の村上恭和氏、立命館大学女子卓球部監督の川面創氏らが参加し、沖縄の離島での卓球普及を行った。

>>“琉球から全国行脚でファン交流” 吉村真晴、和弘兄弟が目指す卓球普及の形とは

村上恭和監督「自分で考え行動する選手に」

6日には「石垣でのスポーツビジネスの可能性について」と題した特別講演会を行い、村上監督は「自分で考え行動する選手になってください」など、トップ選手を長年見てきた指導者ならではのアドバイスを伝えた。

また、全国の幼稚園に卓球台を贈る取り組みも続けており、現在260台のうち石垣島に24台を寄贈しているという。


写真:講演を行う村上恭和総監督(日本生命レッドエルフ)/提供:一般社団法人卓球ジュニアサポートジャパン

また、琉球アスティーダの早川代表は「石垣の皆さんに琉球アスティーダを知ってもらうためにも、Tリーグの石垣島開催ができれば」と、石垣島での開催に意欲を見せた。

リオ五輪メダリスト吉村真晴らによる卓球教室

翌7日には、リオ五輪銀メダリストの吉村真晴や、森薗美月も参加した講習会も行われ、石垣島の約130人の子どもたちが参加し、吉村、森薗両選手らとのラリーや、1本マッチなどを楽しんだ。


写真:吉村真晴と森薗美月(どちらも琉球アスティーダ)/提供 :一般社団法人卓球ジュニアサポートジャパン

参加した子どもたちはトップ選手たちのプレーを間近で見て「スピードと回転の強さが全く違うし、身体の軸がぶれていない」と、そのプレーから大いに学びを得ていた。

一般参加の26歳男性は「基礎をどう教えてよいか悩んでいたが、お二人の練習を見て指導方法を学ぶことができた。沖縄にプロチームができたことで、一流の選手たちと触れ合えるのは子どもたちにとって幸せなこと」と喜んでいた。


写真:沖縄で活動を続ける森薗美月(琉球アスティーダ)/提供:一般社団法人卓球ジュニアサポートジャパン

森薗も「明るく元気に卓球を楽しんでいる子が多かった」と、講習会を笑顔で振り返った。


写真:講演する吉村真晴(琉球アスティーダ)/提供:一般社団法人卓球ジュニアサポートジャパン

吉村は「初めての石垣島で、多くの方々に足を運んでもらい、非常に楽しい講習会となりました。島の皆さんが温かく迎え入れてくれて自分自身もパワーを貰えました」と充実感を口にする。

いよいよ17日から開幕するTリーグに向けて「沖縄本島だけでなく、石垣島の琉球アスティーダファンの想いも胸に、熱い戦いをしていきたい」と意気込んだ。

吉村真晴のインタビューはこちら


写真:吉村真晴/撮影:伊藤圭

森薗美月のインタビューはこちら


写真:森薗美月/提供:琉球アスティーダ

男子ランキング
2020.12.03
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.12.03
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt