リオ銀・吉村真晴「海外で恋しくなるのは米」 加藤美優と"食"トークショー | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
2019.07.30

リオ銀・吉村真晴「海外で恋しくなるのは米」 加藤美優と“食”トークショー

写真:吉村真晴(名古屋ダイハツ)/撮影:ラリーズ編集部

29日、東京五輪開催1年前を記念したイベントが開催され、リオ五輪団体銀メダリスト吉村真晴(名古屋ダイハツ)とT2ダイヤモンド日本人最高4位の加藤美優(日本ペイントホールディングス)の両選手が登場した。

国際大会で活躍するトップ選手のプレーが見られるとあって、会場である晴海トリトンスクエア(所在地:東京都中央区晴海1-8)には多くの人が詰めかけた。

アップダウンサーブやミユータなどテクニック披露


写真:アップダウンサーブを披露する吉村真晴(名古屋ダイハツ)/撮影:ラリーズ編集部


写真:ミユータについて説明する加藤美優(日本ペイントホールディングス)/撮影:ラリーズ編集部

イベントでは、吉村と加藤が卓球のテクニックを披露。吉村はアップダウンサーブを、加藤はミユータ(逆チキータ)をそれぞれ実演し、世界トップレベルの技術に会場は大いに盛り上がった。

卓球選手の“食”について


写真:食について語る加藤美優(左)、吉村真晴/撮影:ラリーズ編集部

プレーを披露後、普段の食生活、試合前やオフの日に食べる食事、選手村での食事など「食」をテーマとしたトークが行われた。アスリートがパフォーマンスを発揮するには、食事が大きな鍵を握る。日ごろからワールドツアーで海外を転戦する卓球選手も同様だ。

今年4月に開催された世界卓球では、卓球日本代表のオフィシャルスポンサーを務めているJA全農が日本選手団の食事をサポート。

吉村は「海外で一番恋しくなるのは日本の米。ご飯ものやドライフルーツを提供していただき、美味しいごはんによるサポートで最後まで選手団全員が良い状態で大会を終えることができた」。加藤も「今回スケジュールも厳しかったが、あまり疲れていないと感じた。やはり日本食を毎日たくさん食べられたおかげだと思う」と海外での日本食のサポートへの感謝を述べた。

トップアスリートのパフォーマンスを支える「食」に注目してみるのも面白いのかもしれない。

五輪前、卓球売り場拡大中!ヴィクトリア三鷹店の“ご近所流接客術”と酸素カプセル

文:ラリーズ編集部

コメント
0