岩渕「目標は"金メダル以上"」 パラ卓球、2020年に向け活動方針報告 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
2019.11.15

岩渕「目標は“金メダル以上”」 パラ卓球、2020年に向け活動方針報告

写真:茶田ゆきみ(写真左)・岩渕幸洋(写真右)/撮影:ラリーズ編集部

15日、パラ卓球日本代表の2020年度活動方針報告会が平井理央アナの進行で行われた。

平井アナ
写真:平井理央アナウンサー/撮影:ラリーズ編集部

>>パラ卓球日本代表の公式ウェアに『VICTAS』が決定

2020年に向けての意気込み、抱負を語る

パラ五輪関係者
写真:パラ卓球日本代表関係者/撮影:ラリーズ編集部

パラ卓球日本代表の岩渕幸洋(協和キリン)、茶田ゆきみ(スヴェンソン)、立位新監督・時吉佑一氏、車いす新監督・新井卓将氏が登場し、2020年の東京パラ五輪に向けた意気込みを語った。

岩渕は東京パラ五輪に向けて「大事な場面でも自分の力でプレーを選択して勝負ができる選手になりたい。東京パラ五輪での目標は“金メダル以上”を掲げている。金メダルをとって、その先にパラスポーツの面白さやパラ卓球の魅力を広められるような選手になるべく、東京パラ五輪では最高のパフォーマンスができるように今から準備していきたい」と未来を見据えた。

茶田
写真:パラ卓球日本代表茶田ゆきみ(クラス9)/撮影:ラリーズ編集部

パラ卓球車いす日本代表の茶田は「2020年の目標は世界で一番になるということ。支えてくださっている方々に私なりの恩返しをしたいという気持ちが強くある。この感謝の気持ちを東京パラ五輪という舞台で世界で一番になって、皆さまにお返ししたい」と周りのサポートへの感謝を述べた。

時吉氏
写真:パラ卓球・立位新監督・時吉佑一氏/撮影:ラリーズ編集部

ジュニア世代から日本代表として活躍し、大学時代にはスウェーデンプロリーグにも参戦した時吉氏。小学生のころは父のクラブチームで障がい者の選手とともに練習していたという。「パラ卓球は金メダルを目標としている。残り少ない期間ですが一生懸命頑張りたい」と意気込みを語った。

新井氏
写真:車いす新監督・新井卓将氏/撮影:ラリーズ編集部

新井氏は、卓球界で異質な経歴と定評のある指導力がパラ卓球にマッチすると監督就任に至った。「パラ卓球ナショナルチームはなんでも柔軟に考えて取り組んでいこうと日頃からやっている。枠組みを作るでなく、いろんな分野から常に可能性を追及して強化している」と日本初の卓球パフォーマーとしても活躍する新井氏らしい枠にとらわれない姿勢を見せた。

>>全日本社会人卓球選手権 歴代優勝一覧 時吉氏もダブルスで優勝

パラ卓球台で渋谷区長もプレー

茶田・区長
写真:茶田選手と打ち合う長谷部渋谷区長/撮影:ラリーズ編集部

最後に長谷部渋谷区長が登場し、第66回カンヌライオンズにて金賞も受賞した「パラ卓球台」で茶田と打ち合った。「パラ卓球台」とはパラ卓球選手が体感している世界を再現したものとなっている。例えば左足のつま先に力の入らない岩渕モデルの「パラ卓球台」だと、左に伸びた卓球台となっている。

今回は茶田モデルで、区長側の台の長さが通常の1.5倍ほどになっている。ネット際に落とされたボールに対して区長も苦戦し、パラ卓球選手のレベルの高さを体感していた。

東京パラ五輪まで残り1年ほど。世界でも結果を残しているパラ卓球日本代表のこれからの活躍、そして2020年東京の舞台での戦いぶりにも注目だ。

>>【パラ卓球】「変形する卓球台」がお披露目 茶田選手と大橋未歩アナがオープニングイベントに参加

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2019.12.16
世界
日本
1
許キン(中国)
16600 pt
2
樊振東(中国)
16150 pt
3
馬龍 (中国)
15285 pt
1
張本智和(日本)
13890 pt
2
丹羽孝希(日本)
10200 pt
3
水谷隼(日本)
10065 pt
女子ランキング
2019.12.16
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16565 pt
2
孫穎莎 (中国)
15715 pt
3
劉詩文 (中国)
14955 pt
1
伊藤美誠(日本)
14590 pt
2
石川佳純(日本)
11515 pt
3
平野美宇(日本)
11325 pt
SNS
FOLLOW US