国際卓球連盟、大会などの活動停止期間を7月末まで延長 COVID-19の影響 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:「卓球は人をつなぐ」Rallys/提供:西泰宏

卓球ニュース 国際卓球連盟、大会などの活動停止期間を7月末まで延長 COVID-19の影響

2020.05.02 文:ラリーズ編集部

国際卓球連盟(ITTF)は、1日に新型コロナウイルス(COVID-19)に関する最新の状況について議論し、大会や活動の停止期間を7月末まで延長すると発表した。

>>あの日、日本卓球協会が中国代表の受け入れに動いた理由

世界卓球については6月に決定

3月末の発表では、ITTFは6月末までの全ての大会と活動を停止するとしていたが、今回、2020年7月末まで延長されることとなった。

さらに9月末に韓国・釜山で開催予定の世界卓球のについての決定は、2020年6月に行われる予定だという。

ITTFは、2020年6月2日に再度話し合いの場を設け、COVID-19パンデミックに鑑み、今後の決定事項について検討するとしている。

ITTFの新構想とは?

>>ITTFが狙う「卓球の商業化」 テニスに倣うWTT構想とは

男子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
11094 pt
2
許キン(中国)
10356 pt
3
馬龍(中国)
10212 pt
1
張本智和(日本)
8534 pt
2
丹羽孝希(日本)
5666 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
11850 pt
2
伊藤美誠(日本)
10498 pt
3
孫穎莎(中国)
9840 pt
1
伊藤美誠(日本)
10498 pt
2
石川佳純(日本)
6750 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt