全日本女王・早田ひなが明かす「キャリアの中で最も誇りに思う瞬間」とは | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

卓球トピック 全日本女王・早田ひなが明かす「キャリアの中で最も誇りに思う瞬間」とは

2020.05.31 文:ラリーズ編集部

卓球日本代表のは早田ひな(日本生命)が、31日、自身のインスタグラムのストーリー上で「Googleで皆さんの質問に答えさせて頂いてます」と報告した。

これは検索サイトのGoogleと連携した企画で、人気の質問や検索トレンド等を元に生成された質問に対し、動画で答えるというもの。伊藤美誠(スターツ)や平野美宇(日本生命)も同様の企画に参加している。

>>全日本女王・早田ひな、料理姿を披露 「メガネ姿が素敵!」「可愛い上に料理上手」と話題に

早田ひながGoogleで質問に回答

視聴方法はシンプルで、Googleで「早田ひな」と検索すれば質問に答える早田の動画を見ることができる。

現在早田は「すぐに良い気分になるのはどの曲ですか?」「今何を読んでいますか?」「あなたのキャリアの中で最も誇りに思う瞬間は何でしたか?」という3つの質問に答えている(5月31日時点)。

全日本女子シングルス優勝や世界卓球ダブルス銀メダル、インターハイ優勝など豊富な実績を持つ早田だが、「最も誇りに思う瞬間」については意外な瞬間をあげた。

「中学校3年生のときに、丁寧(ディンニン・中国)選手に試合前の練習を指名されたことです。人としても卓球としてもお手本になるような方で、そんな方と練習できたことをすごく誇りに思っています」。

同じ長身サウスポーのリオ五輪金メダリスト丁寧の背を追いかけ、早田はこれからも努力を続けていく。

>>【早田ひな】“黄金世代”から見た「今、日本の卓球が強いワケ」

早田ひなが所属する日本生命レッドエルフvs木下アビエル神奈川のダイジェスト

男子ランキング
2020.09.19
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.09.19
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt