日本卓球リーグ、後期リーグ実施決定 11月に熊本で開催予定 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:2018年JTTLファイナル4の様子/撮影:ラリーズ編集部

卓球トピック 日本卓球リーグ、後期リーグ実施決定 11月に熊本で開催予定

2020.08.24 文:ラリーズ編集部

日本卓球リーグ実業団連盟は24日、2020年11月11日~15日で予定されていた「2020年度後期日本卓球リーグ熊本大会」の開催を決定した。

>>不滅の大記録でも「水谷隼は倒れてくれなかった」 31歳・笠原弘光、水谷世代に生まれて

後期日本リーグが開催決定

日本卓球リーグ実業団連盟が主催する日本卓球リーグは、前期と後期の2回、それぞれ総当りで行われるリーグ戦だ。1977年から続く歴史ある国内リーグ大会で、男女とも1部・2部に分かれている。

2019年度前期日本卓球リーグ豊田大会では、男子1部で東京アート、女子1部では十六銀行が、後期の秋田大会では男子1部では東京アート、女子1部では中国電力が優勝を果たしており、2020年前期リーグは新型コロナウイルスの影響で中止となっていた。


写真:東京アート/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

後期リーグの開催についても検討されていたが、8月24日の会議で開催が決定した。日本卓球リーグ実業団連盟は、大会開催にあたり「日本卓球協会における新型コロナウイルス感染症対策 ガイドライン」に準拠して運営を行い、感染拡大防止に最大限努めていくとしている。

日本卓球リーグの実業団・協和キリンに所属する松平賢二も開催決定を受け「モチベ↑↑」とツイート。選手たちも久方ぶりの試合に向け、胸を高鳴らせている。

通常とは異なる大会運営

新型コロナウイルスの感染予防のため、通常とは異なる大会運営が検討されている。

・大会関係者全員(選手・スタッフ・役員)のPCR検査
・リモートマッチ(無観客試合)※Labo Liveによる全試合インターネット配信
・ダブルスを行わず4シングルスで編成し4番まで全て試合を行う
・1部と2部の入替戦及び昇降格
などが、主な対策として検討されている。

詳細については、9月11日の2020年度第2回理事会で最終決定されるという。

日本卓球リーグのチーム特集

東京アート


写真:東京アートメンバー/撮影:伊藤圭

>>【特集】常勝軍団・東京アート卓球部 強さの秘密

十六銀行


写真:十六銀行メンバー/撮影:ハヤシマコ

>>【特集】タレント揃いの年間王者 十六銀行卓球部の魅力に迫る

クローバー歯科


写真:クローバー歯科カスピッズ特集/撮影:ラリーズ編集部

>>【特集】“野犬集団”クローバー歯科カスピッズ

男子ランキング
2020.09.20
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.09.20
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt