【卓球】Tリーグが新制度「スターランク」を導入 現行の選手ランク制度は廃止へ | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:早田ひな(日本生命レッドエルフ)/撮影:ラリーズ編集部

卓球ニュース 【卓球】Tリーグが新制度「スターランク」を導入 現行の選手ランク制度は廃止へ

2022.07.12

文:ラリーズ編集部

12日、卓球Tリーグが2022-2023シーズンより現行の選手ランク制度を廃止し、新たな制度として「スターランク」を導入することを発表した。

新制度を導入

今回発表されたスターランクでは、「☆☆☆☆☆(ランク5)」~「☆(ランク1)」までの5つのランクが設定されており、世界ランキングや国際大会での結果等を考慮して決定する。

Tリーグは今回のスターランク導入の背景として、以下の3つの事情を挙げている。

・世界ツアーの運営が変わったことで選手が自力で世界ランクを上げ難くなり、ランクが選手の現在の実力を表しづらくなった
・コロナ禍で外国籍選手の入国が困難となり、Sランク、AAAランクの外国籍選手の確保が困難になった
・Tリーグは実力のある選手を揃えなければ勝てないリーグになり、ランク制度を廃止したとしても選手のレベル維持に支障が生じることはないと考えられる

なお、現行の選手ランク制度の出場選手規定は、スターランクには設定されない(スターランク☆いくつの選手が出場しなければいけない等)。

Tリーグスターランク規定

☆☆☆☆☆(スターランク5)

・WR10位以内(直近2シーズン以内)
・オリンピックでシングルスベスト8以上(直近4シーズン以内)
・世界選手権でシングルスベスト8以上(直近2シーズン以内)
・WTTグランドスマッシュで、シングルスベスト4(直近2シーズン以内)
・WTT(カップファイナル、チャンピオンズシリーズ、スターコンテンダーズ)で優勝(直近2シーズン以内)

☆☆☆☆(スターランク4)

・WR30位以内(直近2シーズン以内)
・オリンピックでシングルスベスト16以上(直近4シーズン以内)
・世界選手権でシングルスベスト16以上(直近2シーズン以内)
・WTTコンテンダーズ優勝(直近2シーズン以内)
・オリンピック日本代表(直近4シーズン以内)
・全日本選手権優勝(直近2シーズン以内)

☆☆☆(スターランク3)

・WR50位以内(直近2シーズン以内)
・世界選手権シングルス日本代表(直近2シーズン以内)
・全日本選手権ベスト4以上(直近2シーズン以内)

☆☆(スターランク2)

・WR100位以内(直近2シーズン以内)
・全日本選手権ベスト16以上(直近2シーズン以内)

☆(スターランク1)

上記以下

Tリーグ関連記事

>>卓球Tリーグ、今期約8000万円の黒字見通し ネット配信視聴者数が10倍超に
>>Tリーグ個人戦、非所属選手も日本卓球協会強化本部決定で出場可 選手選出基準発表

男子ランキング
2022.08.05
世界
日本
1
樊振東(中国)
5500 pt
2
馬龍(中国)
3700 pt
3
梁靖崑(中国)
3085 pt
1
張本智和(日本)
3020 pt
2
宇田幸矢(日本)
968 pt
3
戸上隼輔(日本)
475 pt
女子ランキング
2022.08.05
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
5770 pt
2
陳夢(中国)
5580 pt
3
王曼昱(中国)
4710 pt
1
伊藤美誠(日本)
2905 pt
2
早田ひな(日本)
2710 pt
3
石川佳純(日本)
1540 pt