【Tリーグ】五輪代表に4勝・戸上隼輔、リーグトップ14勝の早田ひなが前期MVP受賞 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:早田ひな(日本生命レッドエルフ)と戸上隼輔(琉球アスティーダ・写真右)/提供:©T.LEAGUE

卓球ニュース 【Tリーグ】五輪代表に4勝・戸上隼輔、リーグトップ14勝の早田ひなが前期MVP受賞

2021.01.08 文:ラリーズ編集部

卓球Tリーグは、サードシーズン前期(2020年11月~12月開催の45試合対象)に最も活躍した選手である「ノジマTリーグ 2020-2021シーズン前期 ノジマMVP賞」として戸上隼輔琉球アスティーダ)、早田ひな日本生命レッドエルフ)の両選手を選出したことを発表した。両選手には、55インチ有機ELテレビ(提供:株式会社ノジマ)が送られる。

男子の前期MVPは戸上隼輔

男子で選出されたのは、19歳の明治大学生である戸上だ。8勝をあげマッチ勝利数1位であることや、「マッチ勝率」「ゲーム平均失点数」でもトップ、ビクトリーマッチでも2戦2勝と強さを見せたことが選出理由として挙げられた。


写真:戸上隼輔(琉球アスティーダ)/撮影:ラリーズ編集部

今季から琉球に加入した戸上は、丹羽孝希岡山リベッツ)に2勝、張本智和木下マイスター東京)に2勝と東京五輪代表を幾度も撃破している。「次のパリ五輪に向けては、今からじゃないと間に合わない。東京五輪に決まっているメンバーには負けたくないと本当に思っている」と高い目標であるパリ五輪出場を掲げて、今季は目覚ましい活躍を見せている。

チームも、戸上の勢いに後押しされるようにリーグ新記録となる9連勝を記録し、首位を走る。琉球の躍進の大きな原動力となった戸上が、嬉しい前期MVPに輝いた。

女子の前期MVPは早田ひな

女子の前期MVPに輝いたのは早田だ。日本生命のエースとしてフル回転し、「マッチ出場数」「ビクトリーマッチ出場数」はいずれもリーグトップ。勝率はいずれも8割を誇り、マッチ勝利数では14勝、ビクトリーマッチでも4勝をあげている点が選出理由として挙げられた。


写真:早田ひな(日本生命レッドエルフ)/撮影:ラリーズ編集部

日本生命の村上恭和総監督は「身体能力もあるが、強さの秘訣は戦術を研究する研究家であること。(負けたあとに)同じ戦い方をしない。対戦相手が決まればビデオを見てすぐに研究している」と早田の強さを評価する。

2位につけ首位木下アビエル神奈川を追走する日本生命のエースが後半戦、どのような活躍を見せるのか楽しみだ。

戸上隼輔インタビューはこちら


写真:戸上隼輔/撮影:伊藤圭

>>「卓球で生きていく」 “パリ世代三銃士”宇田幸矢・戸上隼輔・木造勇人、覚悟と決意の挑戦

>>卓球界の次世代ホープ・戸上隼輔 リオ銀吉村育てた名将と歩んだ高校生王者への道

>>戸上隼輔「人生が変わった」水谷隼からの金星 若き新星、パリ五輪目指す

早田ひなインタビューはこちら


写真:早田ひな/撮影:ラリーズ編集部

>>早田ひな Tリーグ初のMVP 卓球三昧の18歳は「楽しさを忘れない」

>>早田ひな「楽しい卓球」から「楽しめる自分」へ たどり着いた新たな強さ

>>早田ひなインタビュー “黄金世代”から見た「今、日本の卓球が強いワケ」

Tリーグ12月後半ハイライト

男子

女子

ダブルスを制すものがTリーグを制す!?『データでみるTリーグ

ダブルスで勝利するとその試合に勝つ確率は70%以上ってホント?
サーブよりレシーブで点数を稼ぐ選手は存在する?
Tリーグ出場選手の最も多い年代は25〜29歳?

データから読み解く、卓球「Tリーグ」の魅力。日本卓球界に新たに誕生したTリーグ。「いまさら聞けない」Tリーグの基礎知識から、観客動員数、外国人選手の貢献度まで、どこよりもわかりやすく解説します。

>>電子書籍 データでみるTリーグはこちら

男子ランキング
2021.10.12
世界
日本
1
樊振東(中国)
12494 pt
2
馬龍(中国)
12212 pt
3
許昕(中国)
10356 pt
1
張本智和(日本)
8709 pt
2
丹羽孝希(日本)
5841 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.10.12
世界
日本
1
陳夢(中国)
13850 pt
2
孫頴莎(中国)
11240 pt
3
伊藤美誠(日本)
11198 pt
1
伊藤美誠(日本)
11198 pt
2
石川佳純(日本)
7100 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt