卓球ラバーに赤・黒以外の新色登場 10月1日よりピンク、紫、緑、青が使用可能に | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:T2ダイヤモンドマレーシアでピンク色を使うのベルナデッテ・スッチ(ルーマニア)/撮影:ラリーズ編集部

卓球ニュース 卓球ラバーに赤・黒以外の新色登場 10月1日よりピンク、紫、緑、青が使用可能に

2021.04.11

文:ラリーズ編集部

国際卓球連盟(ITTF)は8日、2021年10月1日より、ピンク、パープル、グリーン、ブルーのカラーリングのラバーを解禁することを発表した。

赤、黒以外の新色の発売が可能に

そもそも、ラバーを公式試合で使用するためには、ITTFの認可が必要となる。

4月1日にITTFは、認可の下りたラバーの一覧であるLARC(List of Authorized Racket Coverings)を発表しており、そのリスト数は1,667にも上る。メーカーが新製品を発表する機会を提供するために、LARCは四半期ごとの4月、7月、10月、1月の年4回発行されている。


写真:T2ダイヤモンドマレーシアでのベルナデッテ・スッチ(ルーマニア)/撮影:ラリーズ編集部

2021年4月1日より、従来の赤と黒の他にピンク、パープル、グリーン、ブルーのカラーのラバーをLARC掲載の認可を得るためにITTFへ提出することが可能となり、正式な認可が下りれば、2021年10月1日から試合で使用することが可能となる。

T2ダイヤモンドマレーシアでスッチがピンクラバーを使用

2019年7月に行われたT2ダイヤモンドマレーシアに出場したベルナデッテ・スッチ(ルーマニア)は、バック面にピンク色のラバーを使用してプレーし話題を呼んでいた。同大会は特別に新色のラバー使用が認められていたため、スッチはピンク色のラバーを使用することができていた。

今後、他4色を使用したラバーの使い手が現れるのか注目だ。

関連記事

>>美女卓球選手・スッチ、ピンク色ラバーを初お披露目 “可愛い”と話題に

男子ランキング
2022.11.22
世界
日本
1
樊振東(中国)
7700 pt
2
張本智和(日本)
4550 pt
3
馬龍(中国)
4400 pt
1
張本智和(日本)
4550 pt
2
宇田幸矢(日本)
1148 pt
3
篠塚大登(日本)
912 pt
女子ランキング
2022.11.22
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
8270 pt
2
陳夢(中国)
6715 pt
3
王曼昱(中国)
5250 pt
1
伊藤美誠(日本)
3415 pt
2
早田ひな(日本)
3005 pt
3
石川佳純(日本)
1890 pt