倉嶋洋介氏、木下グループ卓球部総監督に就任 五輪2大会連続メダル獲得の手腕をTリーグで | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:卓球男子日本代表時代の倉嶋監督/撮影:ラリーズ編集部

卓球ニュース 倉嶋洋介氏、木下グループ卓球部総監督に就任 五輪2大会連続メダル獲得の手腕をTリーグで

2021.10.01

文:ラリーズ編集部

木下グループは1日、元卓球日本代表監督の倉嶋洋介(くらしま ようすけ)氏を2021年10月1日付で卓球部総監督として迎えることを発表した。

倉嶋氏が木下グループ総監督就任

倉嶋氏は、リオ五輪、東京五輪で卓球男子日本代表監督を務め、2大会連続のメダル獲得に導いた手腕の持ち主だ。


写真:日本男子の張本智和、倉嶋洋介監督、丹羽孝希水谷隼/提供:森田直樹/アフロスポーツ

倉嶋氏は、現役時代、名門・明治大学を卒業後、協和発酵キリン卓球部でプレー。全日本選手権では2001年大会で混合ダブルス優勝、2002年、2004年、2005年大会では男子ダブルス優勝という実績を持つ。

現役引退後は指導者の道に進み、明治大学のコーチ、男子ナショナルチームのコーチを経て、2012年から卓球男子日本代表監督に就任。リオ五輪で団体銀メダル、東京五輪で団体銅メダルの2大会連続でのメダル獲得を果たした。

今後は、木下グループの卓球部総監督として、Tリーグ木下マイスター東京」「木下アビエル神奈川」総監督として指揮する他、木下卓球アカデミーの総監督としても、若手選手の発掘、育成及び指導に取り組んでいくという。

倉嶋洋介監督 コメント

東京オリンピック後に木下グループより卓球部総監督としてのオファーを頂き大変嬉しく思います。

木下マイスター東京監督に加えて男女両チームの総監督、そして来年4月から本格始動する木下卓球アカデミーの総監督として、選手及び指導者の発掘・指導・育成に取り組みます。

木下グループ卓球部、日本の卓球界、Tリーグ全体の発展に、これまでの経験を活かして力を尽くしていきたいと思います。

大島祐哉インタビュー(2021年1月公開)


写真:大島祐哉(木下グループ)/撮影:田口沙織

>第1話 「何かを捨てなきゃ無理」“努力の天才”大島祐哉、夢を夢で終わらせない目標達成の思考法

>>第2話 急成長の代償で五輪選考レース脱落 “抜け殻になった”大島祐哉が再び前を向いた理由

>>第3話 「僕にしかできない最高の形での恩返し」大島祐哉を掻き立てる“最後の目標”

男子ランキング
2022.11.22
世界
日本
1
樊振東(中国)
7700 pt
2
張本智和(日本)
4550 pt
3
馬龍(中国)
4400 pt
1
張本智和(日本)
4550 pt
2
宇田幸矢(日本)
1148 pt
3
篠塚大登(日本)
912 pt
女子ランキング
2022.11.22
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
8270 pt
2
陳夢(中国)
6715 pt
3
王曼昱(中国)
5250 pt
1
伊藤美誠(日本)
3415 pt
2
早田ひな(日本)
3005 pt
3
石川佳純(日本)
1890 pt