【Tリーグ】16連勝の及川瑞基、単複合計14勝の橋本帆乃香が前期MVP受賞 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:及川瑞基(木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

卓球ニュース 【Tリーグ】16連勝の及川瑞基、単複合計14勝の橋本帆乃香が前期MVP受賞

2022.01.07

文:ラリーズ編集部

卓球Tリーグは7日、2021-2022シーズン前期ノジマMVP賞として、男子・及川瑞基木下マイスター東京)、女子・橋本帆乃香(九州アスティーダ)の受賞を発表した。

及川、橋本が受賞

Tリーグは、ノジマTリーグ 2021-2022シーズンにおいて、前期(2021年9月~12月開催の53試合対象)に最も活躍した選手に「ノジマTリーグ 2021-2022シーズン前期 ノジマMVP賞」を授与した。両選手には、ロボット掃除機(提供:株式会社ノジマ)が送られる。

木下マイスター東京の及川に関しては「前半戦の13チームマッチすべてに出場し、開幕からリーグ新記録となる16連勝を記録。ビクトリーマッチでも4勝と勝負強さを見せ、12勝1敗の勝ち点39で2位を引き離して首位を走るチームに貢献した」と受賞理由を発表。

また、九州アスティーダの橋本に関しては「チームマッチ12戦中11戦に出場した全試合で、ダブルス、シングルスの2マッチに出場し、ダブルス5勝、シングルス9勝を記録。新規参入ながら3位に付けるチームをけん引する活躍を見せた」と受賞理由をそれぞれ発表した。

両選手については、出場試合時に会場にて表彰を行われるという。

及川瑞基インタビュー(2021年2月公開)


写真:及川瑞基(木下グループ)/撮影:田口沙織

>>「張本に勝ってすごいね」全日本王者・及川瑞基の心に火をつけたもの

>>「優勝直後も厳しかった」全日本王者・及川瑞基を支えた“中国の名将”と“欧州のプロ意識”

【動画】劇場開催のTリーグの試合を観に行ってみた

男子ランキング
2022.11.22
世界
日本
1
樊振東(中国)
7700 pt
2
張本智和(日本)
4550 pt
3
馬龍(中国)
4400 pt
1
張本智和(日本)
4550 pt
2
宇田幸矢(日本)
1148 pt
3
篠塚大登(日本)
912 pt
女子ランキング
2022.11.22
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
8270 pt
2
陳夢(中国)
6715 pt
3
王曼昱(中国)
5250 pt
1
伊藤美誠(日本)
3415 pt
2
早田ひな(日本)
3005 pt
3
石川佳純(日本)
1890 pt