アジアジュニア&カデット卓球選手権大会 歴代優勝まとめ・男子編 | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
2019.09.01

アジアジュニア&カデット卓球選手権大会 歴代優勝まとめ・男子編

写真:Rallys/画像:Rallys

2日から、アジアジュニア&カデット卓球選手権大会が行われる。そこで今回は、アジアジュニア&カデット卓球選手権大会(男子)の2001年以降の歴代優勝をまとめた。

団体の部

ジュニアでは、2001年以降の17大会中13回、中国が優勝しており、圧倒的な強さを見せている。続いて、韓国が2回、日本はチャイニーズタイペイ(台湾)と並んで1回の優勝だ。

優勝こそ1回である日本だが、直近では2015、16、18年大会は3位と表彰台にはあがっている。韓国やチャイニーズタイペイといった強豪国もおり、その中で比較的安定して表彰台に入ることができているのは、日本の若手の育成がしっかりと機能しているからだろう。

一方、カデットでは2006年からの過去13大会中11大会で中国が優勝しており、こちらでも中国が圧倒的な強さを誇っている。続いて日本、韓国が1回ずつの優勝だ。

日本が優勝した2016年は張本智和宇田幸矢、戸上隼輔といった次代の日本を背負うと期待されている面々が揃った年だ。

>>水谷隼が語る!なぜ中国は卓球が強いのか?

団体の部・歴代優勝一覧

開催年 ジュニア団体 カデット団体
2001年 中国
2003年 チャイニーズタイペイ
2004年 中国
2005年 中国
2007年 日本 中国
2008年 中国 中国
2009年 中国 中国
2010年 中国 中国
2011年 中国 中国
2012年 中国 中国
2013年 中国 中国
2014年 中国 韓国
2015年 中国 中国
2016年 韓国 日本
2017年 中国 中国
2018年 中国 中国

>>水谷隼「実は1年間、球がほとんど見えない」深刻な目の症状を告白

個人の部

ジュニアシングルスでは、中国が2001年以降の17大会中14回優勝と圧倒的な強さを見せている。2004年には馬龍が、2012年では樊振東が優勝している。意外にも2012年ロンドン五輪金メダリストの張継科は、ダブルスの優勝のみでシングルスでは優勝していない。日本は2011年に吉村真晴が優勝を果たしている。

一方、ジュニアダブルスでは、日本は2006、07、10、14年と4回優勝、混合ダブルスでも2005年に優勝を果たしている。男子ダブルスの2007年は水谷隼/松平健太、2010年は丹羽孝希/町飛鳥と、現在日本卓球界の前線で活躍している選手が優勝している。

カデットシングルスでも、中国は16大会中10回優勝とジュニアと変わらず強さを誇っている。ただし、日本が優勝3回、韓国2回、インド1回と他国の選手が中国を抑えて優勝する回数がジュニアよりも多くなっている。日本は、3回の優勝のうち2003年は水谷隼、2005、06年は松平健太が優勝を飾っている。

>>“飢える貴公子”松平健太 移籍で求める「勝ちの味」

個人の部・歴代優勝者一覧

シングルス

開催年 ジュニア男子シングルス カデット男子シングルス
2001年 李延佑(韓国)
2003年 鄭長弓(中国) 水谷隼(日本)
2004年 馬龍(中国) サルカル(インド)
2005年 林晨(中国) 松平健太(日本)
2006年 李洋(中国) 松平健太(日本)
2007年 李洋(中国) 閻安(中国)
2008年 李尚洙(韓国) 張聖伍男(中国)
2009年 曹麗思(中国) 尹航(中国)
2010年 周雨(中国) 張禹珍(韓国)
2011年 吉村真晴(日本) 周啓豪(中国)
2012年 樊振東(中国) 宋旭(中国)
2013年 梁靖崑(中国) 劉丁碩(中国)
2014年 于子洋(中国) 安宰賢(韓国)
2015年 薛飛(中国) 彭飛龍(中国)
2016年 徐海東(中国) 牛冠凱(中国)
2017年 王楚欽(中国) 牛冠凱(中国)
2018年 向鵬(中国) 曾蓓勛(中国)

>>水谷隼、30代突入で極める“オトナの戦い方” 3つの敵を倒せ

ダブルス

開催年 ジュニア男子ダブルス ジュニア混合ダブルス
2001年 森田有城/高木和健一(日本)
2003年 林載賢/趙彦来(韓国) 鄭長弓/李小霞(中国)
2004年 張継科/江天一(中国) 馬龍/蔡賽(中国)
2005年 江宏傑/黄聖盛(台湾) 岸川聖也/照井萌美(日本)
2006年 大矢英俊/松平賢二(日本)
2007年 水谷隼/松平健太(日本)
2008年 閻安/宋鴻遠(中国)
2009年 閻安/李木橋(中国)
2010年 丹羽孝希/町飛鳥(日本)
2011年 林高遠/呉家驥(中国)
2012年 范勝鵬/樊振東(中国)
2013年 温洧傑/廖振珽(台湾)
2014年 吉村和弘/坪井勇磨(日本) 孫嘉宏/邱嗣樺
2015年 劉丁碩/朱誠(中国) 朱誠/王曼昱(中国)
2016年 キム・ソングン/ハム・ユソン(北朝鮮) 曹巍/石洵揺(中国)
2018年 安宰賢/黄民河(韓国) 王楚欽/孫穎莎(中国)
2019年 徐瑛彬/于何一(中国) 于何一/銭天一(中国)

>>アジアジュニア&カデット卓球選手権大会 優勝一覧・女子編

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2019.09.20
世界
日本
1
許キン(中国)
15645 pt
2
樊振東(中国)
15200 pt
3
馬龍 (中国)
14955 pt
1
張本智和(日本)
13345 pt
2
丹羽孝希(日本)
11200 pt
3
水谷隼(日本)
10195 pt
女子ランキング
2019.09.20
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16605 pt
2
丁寧 (中国)
15020 pt
3
朱雨玲 (中国)
14710 pt
1
伊藤美誠(日本)
12710 pt
2
石川佳純(日本)
13133 pt
3
平野美宇(日本)
12050 pt
SNS
FOLLOW US