"ダブルみゆう"長﨑/木原、好スタート 「お互い補い合えている」<全日本卓球2020> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)
2020.1.13〜2020.1.19・大阪
2020.01.14

“ダブルみゆう”長﨑/木原、好スタート 「お互い補い合えている」<全日本卓球2020>

写真:木原美悠(写真右)と長﨑美柚(写真左)/撮影:ラリーズ編集部

<天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)1月13日~19日>

14日、全日本選手権(以下、全日本)女子ダブルス2回戦が行われ、2019年ワールドツアーグランドファイナル優勝の長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)/木原美悠(JOCエリートアカデミー)ペアが登場。3-0で勝利し、14日の3回戦へ駒を進めた。

>>木原美悠 平成最後の全日本 “シンデレラガール”誕生の裏側

長﨑/木原、グランドファイナル優勝の貫禄を見せる


写真:全日本2020の木原美悠(写真右)と長﨑美柚(写真左)/撮影:ラリーズ編集部

長﨑/木原ペアは、昨年のグランドファイナルで、中国の孫穎莎(スンイーシャ)/王曼昱(ワンマンユ)ペアや、韓国の田志希(チョンジヒ)/梁夏銀(ヤンハウン)ペアら、名だたる強敵を倒して優勝を勝ち取った。

試合は、1ゲーム目から長﨑/木原ペアが実力を見せつける展開となった。木原のサーブからの長﨑の強烈な3球目攻撃や、長﨑の回転量を使い分けたハイトスサーブで相手の高校生ペアを翻弄する。2ゲーム目は一時7-9とリードされるもそこから挽回し、続く3ゲーム目も強烈なドライブを見せつけた。2度のデュースに持ち込まれたものの、結果的に3-0のストレート勝ち。3回戦進出を決めた。

試合後のインタビューで、木原は「長﨑さんができないことが私にはできて、逆に私にはできないことが長﨑さんはできるから、お互い補い合えている」と長﨑との相性の良さを語った。

また、この試合は木原/長﨑ペアがなかなかコートに現れなかったが、理由を聞くと「ユニフォームの色が相手と被っていて、審判に替えるように言われた。ただ、着替えて戻ってくると私は上下を替えたのに、長﨑さんは上だけしか替えてなくて、着替え直した」と、試合前の微笑ましいエピソードも答えてくれた。

昨年末のグランドファイナル優勝で、“ダブルみゆう”として卓球界に名を轟かせている長﨑/木原ペア。今大会でどこまで勝ち進むのか注目だ。

>>木原美悠インタビュー 卓球女子、令和の星が明かす“意外な悩み”

詳細スコア

 

写真:全日本2020の木原美悠(写真右)と長﨑美柚(写真左)/撮影:ラリーズ編集部

○長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)/木原美悠(JOCエリートアカデミー)3-0 遠山雅/山下さくら(滋賀学園高)
11-5/13-11/13-11

>>“ダブルみゆう”長﨑/木原、圧巻Vも「少しでも知ってもらえたら」<卓球・グランドファイナル>

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.01.23
世界
日本
1
樊振東(中国)
16915 pt
2
許キン(中国)
16475 pt
3
馬龍 (中国)
15975 pt
1
張本智和(日本)
12615 pt
2
丹羽孝希(日本)
9420 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.01.23
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16565 pt
2
孫穎莎 (中国)
15460 pt
3
伊藤美誠(日本)
14720 pt
1
伊藤美誠(日本)
14720 pt
2
石川佳純(日本)
10950 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US