混合ダブルス8強出揃う 森薗/伊藤、張本/長﨑らが準々決勝へ<全日本卓球2020> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)
2020.1.13〜2020.1.19・大阪
2020.01.14

混合ダブルス8強出揃う 森薗/伊藤、張本/長﨑らが準々決勝へ<全日本卓球2020>

写真:張本智和(右・木下グループ)と長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)/提供:ラリーズ編集部

14日、全日本卓球選手権の2日目が終了し、混合ダブルスでベスト8が出揃った。前年度優勝ペアの森薗政崇(BOBSON)/伊藤美誠(スターツ)ペア、前年度準優勝の張本智和(木下グループ)/長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)ペアをはじめとした実力者たちが勝ち残っている。

>>フルゲームにもつれた森薗/伊藤ペアの3回戦はこちら

混合ダブルス準々決勝の対戦カード


写真:森薗政崇(左・BOBSON)と伊藤美誠(スターツ)/提供:ラリーズ編集部

大会を連覇している森薗/伊藤ペアは次の準々決勝で、硴塚将人(早稲田大)/森田彩音(中央大)と対戦する。一方の張本/長﨑ペアは、松下大星(クローバー歯科カスピッズ)/梅村優香(中央大)が相手。トップクラスでは珍しいペンホルダーの松下が波乱を起こすか、注目が集まる。

その他の準々決勝は、軽部隆介(鹿児島相互信用金庫)/松本優希(サンリツ)vs渡井丈人士(駒澤大)/小道野結(デンソー)、上村慶哉(シチズン時計)/阿部愛莉(デンソー)vs松山祐季(愛知工業大)/平野容子(豊田自動織機)というカードになった。

混合ダブルスの準々決勝は15日に行われ、16日には優勝ペアが決まる。果たしてどのペアが令和最初の全日本で栄冠を手にするか、混合ダブルスからも目が離せない。

>>接戦にもつれた張本/長﨑ペアの3回戦はこちら

混合ダブルス4回戦の結果


写真:硴塚将人(早稲田大)・森田彩音(中央大)/撮影:ラリーズ編集部

◯森薗政崇(BOBSON)/伊藤美誠(スターツ) 3-0 大澤祐貴(埼玉工業大)/川北帆香(正智深谷高)
11-3/11-6/11-9

◯硴塚将人(早稲田大)/森田彩音(中央大) 3-1 立藤颯馬(明治大)/岩田明峰(朝日大)
11-8/11-6/7-11/11-8

◯軽部隆介(鹿児島相互信用金庫)/松本優希(サンリツ) 3-1 伊丹雄飛/瀬山咲希(中央大)
15-13/12-10/4-11/11-5


写真:渡井丈人士(駒澤大)・小道野結(デンソー)/撮影:ラリーズ編集部

◯渡井丈人士(駒澤大)/小道野結(デンソー) 3-2 鹿屋良平(リコー)/古川聖奈(トプコン)
7-11/11-2/11-8/5-11/11-8

◯上村慶哉(シチズン時計)/阿部愛莉(デンソー) 3-0 滝澤拓真(岡谷市役所)/坂本直子(スギムラ精工)
11-7/11-7/11-7

◯松山祐季(愛知工業大)/平野容子(豊田自動織機) 3-1 上村太陽/木村香純(専修大)
11-9/9-11/11-9/11-6

◯松下大星(クローバー歯科カスピッズ)/梅村優香(中央大) 3-1 中林滉貴(原田鋼業)/宋恵佳(中国電力)
11-7/11-9/4-11/11-8

◯張本智和(木下グループ)/長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園) 3-0 時吉佑一(流山アストロズ)/小林光優(木更津総合高 )
11-5/11-6/11-7

>>全日本の大会報道記事一覧はこちら

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.01.22
世界
日本
1
樊振東(中国)
16915 pt
2
許キン(中国)
16475 pt
3
馬龍 (中国)
15975 pt
1
張本智和(日本)
12615 pt
2
丹羽孝希(日本)
9420 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.01.22
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16565 pt
2
孫穎莎 (中国)
15460 pt
3
伊藤美誠(日本)
14720 pt
1
伊藤美誠(日本)
14720 pt
2
石川佳純(日本)
10950 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US