全日本見どころ・石川佳純編 4年ぶり王座奪還なるか<全日本卓球2020> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)
2020.1.13〜2020.1.19・大阪
2020.01.12

全日本見どころ・石川佳純編 4年ぶり王座奪還なるか<全日本卓球2020>

写真:2019年大会の石川佳純(全農)/撮影:西村尚己/アフロスポーツ

過酷な選考レースを勝ち抜き、見事東京五輪シングルス代表権を獲得した石川佳純(全農)。昨年の全日本卓球選手権大会(以下、全日本)では6回戦で早田ひな(日本生命)に敗北し、悔しい結果に終わった。東京五輪での活躍を占う大事な一戦となる今年の全日本ではどのような戦いを見せるのか。シングルスの山場を詳しく紹介する。

>>全日本見どころ・伊藤美誠編 3年連続の3冠へ 立ちはだかる強敵たち
>>全日本見どころ・平野美宇編 高速卓球で打ち勝てるか

最初の難関:芝田らパワーヒッターとの対戦

タイOPの芝田沙季(ミキハウス)
写真:タイOPの芝田沙季(ミキハウス)/提供:ittfworld

準々決勝で石川は、平侑里香(サンリツ)と芝田沙季(ミキハウス)のいるブロックの勝者と対戦することになる。

ここでは、石川と同じ四天王寺高校出身の芝田に注目したい。芝田は、強靭な体幹から繰り出される強力なフォアハンドドライブが魅力の選手で、近年はプレーの安定性にも磨きがかかっている。

2018年6月に行われた中国オープンで朱雨玲(ジュユリン・中国)に勝利するなど、国際大会でも結果を残しており、昨年5月の世界ランキングでは自己最高位となる13位につけている。その芝田に対し、石川は昨年7月に行われた韓国オープンで対戦をしているが、その際は石川が4-1で勝利している。

加えて、準々決勝前の6回戦で石川は森さくら(日本生命)とも対戦する可能性が高い。森は強烈な両ハンドドライブが持ち味で、ガッツを前面に出してプレーする選手だ。昨年の全日本では、地元大阪の声援を受けて、気迫のこもったプレーを展開し、ベスト4に進出している。

石川と日本屈指のパワーヒッターたちとの打ち合いは見物である。

また、スーパーシードである石川は4回戦から登場するが、そのシード下には同級生である森薗美咲(TOP名古屋)がいる。全日本という舞台での同級生対決の実現にも注目したい。

>>森薗美咲「人生変えた」盟友・石川佳純が見せた奇跡の逆転劇

最大の難関:準決勝・五輪代表対決、平野と対戦か


写真:平野美宇(日本生命・写真はトップ12)/撮影:ラリーズ編集部

石川が準決勝で対戦するのは、加藤美優(日本ペイントホールディングス)、平野美宇(日本生命)、木原美悠(JOCエリートアカデミー)と実力者揃いの山の勝者だ。

まず注目したいのは、やはり石川と最後まで五輪シングルス代表争いを繰り広げた平野だろう。

昨年12月のITTFワールドツアーグランドファイナル(以下、グランドファイナル)まで激しい代表争いを繰り広げていた両者。その勝負の分かれ目となったノースアメリカンオープン決勝では、4-2で石川が勝利したが、代表争いのプレッシャーから解放された後に行われたLIONカップ第24回卓球ジャパントップ12では、4-2で平野が勝利している。その後、今月6日に平野が五輪団体戦代表に選ばれ、ともに戦うこととなった二人だが、全日本での戦いにも注目が集まる。

次に加藤にも注目したい。加藤はしゃがみ込みサーブなどの多彩なサーブと巧みなラリーを武器に、昨年は4月の世界卓球選手権大会でシングルスベスト8に進出、7月のT2ダイヤモンドでは伊藤美誠(スターツ)、陳夢(チェンムン・中国)を破り、日本人最高の4位となった。加藤に対して、石川は直近の対戦では、昨年12月に行われたノースアメリカンオープンにおいて、4-1で勝利を収めている。

続いて、木原だが、昨年の全日本において平野を破るなど快進撃を続け、決勝では惜しくも伊藤に敗れたものの、当時14歳ながら準優勝という結果を残した。最近では、グランドファイナルにおいて長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)と組んだダブルスで優勝するなど、今最も勢いに乗っている選手だ。木原に対して、石川は直近の対戦では、昨年7月に行われたオーストラリアオープンにおいて、4-0で勝利を収めているが、勢いに乗る若手の存在も侮れない。

自身3度目の五輪に向け、並々ならぬ思いで迎えているであろう今年の全日本。2016年大会以来の4年ぶりの王座奪還をめざす石川の戦いから目が離せない。

【全日本卓球2020直前企画】前回大会の名勝負を振り返る

シングルス編
ダブルス編

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.01.26
世界
日本
1
樊振東(中国)
16915 pt
2
許キン(中国)
16475 pt
3
馬龍 (中国)
15975 pt
1
張本智和(日本)
12615 pt
2
丹羽孝希(日本)
9420 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.01.26
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16565 pt
2
孫穎莎 (中国)
15460 pt
3
伊藤美誠(日本)
14720 pt
1
伊藤美誠(日本)
14720 pt
2
石川佳純(日本)
10950 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US