石川佳純が3連勝で好発進(アジアカップ2018・女子・初日の結果)


<LION ITTF・ATTUアジアカップ横浜2018 4月6日(金)~8日(日)横浜文化体育館>

中国勢と石川佳純が順当な勝ち上がり。平野はプレーオフへ

6日、横浜文化体育館で開幕したアジアカップ2018。女子は昨年のアジアカップ覇者で世界ランク2位の朱雨玲、世界ランク1位の陳夢がそれぞれ全勝で予選リーグを突破した。

世界ランク1位の朱雨玲は、平野美宇のカウンタープレーに対し、台から距離をとり余裕をもってしのいだ。

陳夢のパワーは今大会の女子選手の中で一際目立つ

日本勢は石川佳純(全農・世界ランク3位)が3月のドイツオープン決勝で破った徐孝元(韓国・15位)を緩急をつけた落ち着いたカット打ちで下し、3連勝で予選リーグを1位通過した。

プレーオフに回った平野は決勝トーナメントで朱雨玲との再戦の可能性が高い。リベンジなるか。

平野美宇(日本生命)は初戦で梁夏銀(韓国・30位)を下すもその後2連敗でプレーオフに回った。

アジアカップ2018 女子1st STAGE 結果

グループA
1位:3勝0敗 陳夢(中国)
2位:2勝1敗 鄭怡静(チャイニーズタイペイ)
3位:1勝2敗 スターシニー(タイ)
4位:0勝3敗 李皓晴(香港)

グループB
1位:3勝0敗 朱雨玲(中国)
2位:2勝1敗 杜凱琹(香港)
3位:1勝2敗 平野美宇(日本)
4位:0勝3敗 梁夏銀(韓国)

グループC
1位:3勝0敗 石川佳純(日本)
2位:2勝1敗 徐孝元(韓国)
3位:1勝2敗 陳思羽(チャイニーズタイペイ)
4位:0勝3敗 ナンタナー(タイ)

グループD
1位:2勝0敗 ムケルジー(インド)
2位:1勝1敗 メイチャン(ベトナム)
3位:0勝2敗 シャハスワリ(イラン)

取材・文:Rallys編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする