【卓球】大島祐哉がブラジルの新星カルデラノとの激闘制す<ITTFオーストラリアOP 男子3日目の結果>


*写真は2018ワールドツアー韓国オープン男子シングルス2回戦の大島祐哉(木下グループ)

<ITTFワールドツアープラチナ・オーストラリアオープン(ジーロング)、2018年7月24日〜29日>

26日、ワールドツアープラチナ・オーストラリアオープンが3日目を迎え、男子ではシングルス決勝トーナメントが始まった。

決勝トーナメント1回戦では、大島祐哉(7月度世界ランキング50位・木下グループ)がブラジルの新星、ウーゴ・カルデラノ(同10位・ブラジル)にフルゲームの激闘の末勝利。カルデラノは近年力をつけてきた22歳で、高い身体能力を生かした積極的な攻めが持ち味の選手だ。ドイツ・ブンデスリーガでも1部・オクセンハウゼンでプレーをしている。

また、10月24日に開幕する卓球新リーグ・TプレミアリーグにT.T彩たまから参戦予定の吉村真晴(同26位・名古屋ダイハツ)が琉球アスティーダから参戦予定の荘智淵(同14位・チャイニーズタイペイ)をゲームカウント4-2で撃破し、早くも実現したTリーガー同士の対決は吉村真晴に軍配が上がった。

荘智淵は世界ランク最高位3位で、2002年のITTFプロツアーグランドファイナルでシングルス金メダル、2013年の世界選手権パリ大会でダブルス金メダルなど約20年間にわたって世界のトップで活躍しているベテランプレーヤー。簡単に勝てる相手ではなかったが、吉村真晴の勢いが勝る形となった。

決勝トーナメント1回戦は快挙の一方で波乱もあった。水谷隼(同13位・木下グループ)が劉丁碩(同140位・中国)に敗北すると、丹羽孝希(同12位・スヴェンソン)も周雨(同63位・中国)に、ドイツのエースであるドミトリー・オフチャロフ(同4位)も20歳、于子洋(同257位・中国)に敗れ、若手中国選手の活躍が見られた。

いよいよ27日には張本智和(同8位・JOCエリートアカデミー)などが決勝トーナメント初戦に登場する。中国の若手の台頭に対抗できるか、注目が集まる。

男子 オーストラリアオープン3日目の結果

男子シングルス

<決勝トーナメント1回戦>
大島祐哉 4-3 ウーゴ・カルデラノ(ブラジル)
11-5/11-7/6-11/5-11/12-10/8-11/11-7

水谷隼 3-4 劉丁碩(中国)
4-11/10-12/9-11/11-6/11-8/11-5/9-11

吉村真晴 4-2 荘智淵(チャイニーズタイペイ)
11-6/6-11/8-11/11-7/11-4/11-9

丹羽孝希 2-4 周雨(中国)
7-11/9-11/11-8/11-5/5-11/9-11

文:ラリーズ編集部
写真:千葉格/アフロ

関連リンク

【卓球】森薗政崇が予選突破 決勝T初戦は岡山リベッツ対決に<ITTFオーストラリアOP 男子2日目の結果>
【卓球】有延大夢がT.T彩たま加入のトップ選手アポロニアに勝利<ITTFオーストラリアOP 男子1日目の結果>
【卓球】注目の中学生対決 大藤と木原が激突<ITTFオーストラリアOP 1日目女子の結果>
張本智和が自己最高8位、日本人トップに|卓球男子世界ランキング(7月最新発表)

この記事のURLとタイトルをコピーする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする