名門卓球部復活の序章 青森山田からインターハイ出場<卓球女子・個人の部> | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
令和元年度全国高等学校卓球選手権大会(インターハイ2019)
2019年8月16日~2019年8月20日・鹿児島
2019.08.20

名門卓球部復活の序章 青森山田からインターハイ出場<卓球女子・個人の部>

写真:野月千夏(青森山田高校)/撮影:ラリーズ編集部

<卓球・インターハイ2019 2019年8月16日~8月20日>

インターハイ4日目の19日、女子シングルス2回戦に野月千夏(青森山田)が登場。買手日菜(札幌大谷)と対戦した。

日本卓球界を支える青森山田

インターハイの歴史を語るうえで外せないのが青森山田高校。男子では水谷隼や丹羽孝希、女子では福原愛など、今の日本卓球界を支えていると言っても過言ではない数々の卒業生を輩出。学校対抗・男子の部では平成30年の歴史のうち16度の優勝を飾り、圧倒的な力を誇っていた。

>>卓球・インターハイ歴代優勝一覧 男子編|平成30年分・完全保存版

しかし、青森山田は平成27年度を境に卓球部強化を終了。全国の舞台で名門・青森山田高校の名を見る機会は失われていた。

今回、野月はシングルスだけでなく、澤田優奈と組んだダブルスでも青森県予選を突破し、インターハイに出場。両種目ともに2回戦で敗れはしたものの、見事1回戦を突破している。

青森山田の女子卓球部は、団体で今年の全国選抜に出場しており、野月、澤田ともにまだ2年生。来年はインターハイ・学校対抗の舞台で“青森山田”の名が見られるかもしれない。

>>なぜ中国は卓球が強いのか?<Vol1.水谷隼>

野月(青森山田)のインターハイ結果

写真:野月千夏(青森山田高校)/撮影:ラリーズ編集部
写真:野月千夏(青森山田高校)/撮影:ラリーズ編集部

女子シングルス1回戦

〇野月(青森山田) 3-0 小林(樹徳)

女子シングルス2回戦

野月(青森山田) 0-3 〇買手(札幌大谷)

女子ダブルス1回戦

〇野月/澤田(青森山田) 3-0 上野/泉屋(粉河)

女子ダブルス2回戦

野月/澤田(青森山田) 0-3 〇稲吉/田中(希望が丘)

>>水谷隼「実は1年間、球がほとんど見えない」深刻な目の症状を告白

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2019.09.18
世界
日本
1
許キン(中国)
15645 pt
2
樊振東(中国)
15200 pt
3
馬龍 (中国)
14955 pt
1
張本智和(日本)
13345 pt
2
丹羽孝希(日本)
11200 pt
3
水谷隼(日本)
10195 pt
女子ランキング
2019.09.18
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16605 pt
2
丁寧 (中国)
15020 pt
3
朱雨玲 (中国)
14710 pt
1
伊藤美誠(日本)
12710 pt
2
石川佳純(日本)
13133 pt
3
平野美宇(日本)
12050 pt
SNS
FOLLOW US