森薗政崇、平野美宇が代表権獲得 第2ステージは張本、伊藤ら登場<ジャパントップ12> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
LIONカップ第24回卓球ジャパントップ12 SENDAI(兼2020世界卓球日本代表最終選考会)
2019年12月21日~2019年12月22日・仙台
2019.12.22

森薗政崇、平野美宇が代表権獲得 第2ステージは張本、伊藤ら登場<ジャパントップ12>

写真:森薗政崇(写真左)、平野美宇(写真右)/撮影:ラリーズ編集部

<LIONカップ第24回卓球ジャパントップ12 SENDAI(兼2020世界卓球日本代表最終選考会) 2019年12月21日~12月22日>

21日、カメイアリーナ仙台でLIONカップ第24回卓球ジャパントップ12(兼2020世界卓球日本代表最終選考会)が開幕し、男子は森薗政崇(BOBSON)、女子は平野美宇(日本生命)が2020年世界卓球選手権釜山大会(団体戦)の代表に内定した。

22日の第2ステージには第1ステージの上位2名と世界ランキングが日本人の中で上位の2名、計4名が優勝を争う。男子は張本智和(木下グループ)、丹羽孝希(スヴェンソン)、森薗、神巧也T.T彩たま)が、女子は伊藤美誠(スターツ)、石川佳純(全農)、平野、早田ひな(日本生命)が出場する。

>>平野美宇の試合後のコメントはこちら

森薗が0‐3のビハインドから神に大逆転勝利


写真:森薗政崇(BOBSON)/撮影:ラリーズ編集部

男子シングルス1回戦では、及川瑞基(専修大学)と平野友樹(協和キリン)、吉山僚一(愛工大名電中学校)と木造勇人(愛知工業大学)の試合が行われた。ドイツ・ブンデスリーガでも好成績を収めている及川と、愛工大名電の先輩として意地を見せた木造が準々決勝に進んだ。

男子準々決勝は森薗 vs 及川、戸上隼輔(野田学園高校)vs 吉村真晴(名古屋ダイハツ)、吉村和弘(東京アート)vs 宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)、木造 vs 神巧也(T.T彩たま)という組み合わせとなった。4試合中3試合がフルゲームにもつれ込む熱戦となり、森薗、吉村真晴、吉村和弘、神が準決勝進出となった。

男子準決勝のカードは森薗 vs 吉村真晴、神 vs 吉村和弘となった。


写真:吉村真晴(名古屋ダイハツ)/撮影:ラリーズ編集部

吉村真晴が3-1とゲームを優勢に進めるも、森薗が粘りを見せ第6ゲームのデュースを制し、最終ゲームも取り逆転勝利を収めた。


写真:吉村和弘(東京アート)/撮影:ラリーズ編集部

神は吉村和弘に対し、1-2とリードを奪われた状態からバックサーブに活路を見出し、3球目の展開を作り4-2と勝利を収めた。

森薗 vs 神となった決勝は「(世界選手権の代表になることに)一番ウエイトを置いている」と意気込む神が、サーブで森薗のチキータのミスを誘い3-0とリードする。後がなくなった森薗は巻き込みサーブを増やし、神のレシーブミスを誘う。サーブから点数の取れるようになり、思い切ったレシーブができるようになった森薗が流れをつかみ、4ゲームを連取し大逆転勝利を収め、2年連続の世界卓球代表権を掴み取った。

>>森薗政崇の試合後のコメントはこちら

男子 詳細スコア


写真:神巧也(T.T彩たま)/撮影:ラリーズ編集部

1回戦

〇及川瑞基 4-2 平野友樹
吉山僚一 1-4 〇木造勇人

準々決勝

〇森薗政崇 4-1 及川瑞基
戸上隼輔 3-4 〇吉村真晴
〇吉村和弘 4-3 宇田幸矢
木造勇人 3-4 〇神巧也

準決勝

〇森薗政崇 4-3 吉村真晴
吉村和弘 2-4 〇神巧也

決勝

〇森薗政崇 4-3 神巧也
8-11/9-11/5-11/11-8/11-7/11-8/11-7

>>森薗政崇インタビュー 「恐怖のオヤジ」1日7時間の練習…「俺は卓球マシーンか!」

平野が早田との黄金世代対決を制する


写真:平野美宇(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

女子シングルス1回戦は、成本綾海(中国電力)と長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)、出澤杏佳(大成女子高校)と森田彩音(中央大学)の組み合わせとなった。今最も勢いに乗る長﨑を王子サーブと前陣速攻で狂わせた成本と、出澤の異質ラバーの変化を見極めラリー戦を制した森田が準々決勝進出を果たした。

女子準々決勝は平野 vs 成本、加藤美優(日本ペイントホールディンクス)vs 芝田沙季(ミキハウス)、早田vs 橋本帆乃香(ミキハウス)、森田 vs 佐藤瞳(ミキハウス)という組み合わせとなり、平野、加藤、早田、佐藤が準決勝進出となった。

女子準決勝のカードは平野 vs 加藤、早田 vs 佐藤となった。


写真:加藤美優(日本ペイントホールディンクス)/撮影:ラリーズ編集部

加藤がバックを活かした粘り強い卓球を見せるも、平野が持ち味の早い打点の速攻でラリー戦に持ち込ませず4-2で加藤を下した。


写真:佐藤瞳(ミキハウス)/撮影:ラリーズ編集部

早田は準々決勝の橋本戦でも見せたパワーを生かしたカット打ちを見せ、グランドファイナルで丁寧(ディンニンン・中国)に粘り勝ちをした佐藤のカットを攻略。

平野 vs 早田の黄金世代同士の決勝は序盤から平野のチキータからの速攻、早田の強力なフォアハンドと持ち味を出し合う。1-1で迎えた3ゲーム目平野はバックへのコース取りの徹底と早田のチキータを封じる切れた下回転のサーブで奪うと、3-1と優勝まで王手をかける。

早田も1ゲームを奪い粘りを見せるも、6ゲーム目中盤平野が大きくリードし、最後は早田のバックがオーバーし4-2で平野が早田を下した。東京五輪シングルス枠を逃した平野だったが、今回の結果、2020年世界卓球釜山大会の代表権を獲得した。

>>早田ひな「楽しい卓球」から「楽しめる自分」へ たどり着いた新たな強さ

女子 詳細スコア


写真:早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

1回戦

〇成本綾海 4-0 長﨑美柚
出澤杏佳 1-4 〇森田彩音

準々決勝

〇平野美宇 4-2 成本綾海
芝田沙季 2-4 〇加藤美優
〇早田ひな 4-0 橋本帆乃香
森田彩音 2-4 〇佐藤瞳

準決勝

〇平野美宇 4-2 加藤美優
〇早田ひな 4-0 佐藤瞳

決勝

〇平野美宇 4-2 早田ひな
11-7/6-11/11-7/11-7/6-11/11-4

>>早田ひなインタビュー “黄金世代”から見た「今、日本の卓球が強いワケ」

2日目 見どころ


写真:石川佳純(全農)/提供:ittfworld

第2ステージでは、世界ランキング上位2名と第1ステージの上位2名によるトーナメントが行われる。

男子は張本 vs 神巧也、森薗 vs 丹羽、女子は伊藤 vs 早田、平野 vs 石川の組み合わせとなった。去年大会では男子は張本、女子は石川が優勝している。

優勝賞金300万円のトーナメントを制するのは誰か注目が集まる。

>>伊藤美誠が“楽しむ姿勢”貫くワケ

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.07.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.07.06
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US