学校対抗ベスト4決定 6連覇中の四天王寺は辛勝<卓球・インターハイ2019> | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
令和元年度全国高等学校卓球選手権大会(インターハイ2019)
2019年8月16日~2019年8月20日・鹿児島
2019.08.17

学校対抗ベスト4決定 6連覇中の四天王寺は辛勝<卓球・インターハイ2019>

写真:Rallys/画像:Rallys

<インターハイ2019 2019年8月16日~8月20日>

17日、インターハイ2日目は、男女学校対抗3回戦・準々決勝と男女ダブルス1回戦から3回戦までが行われた。

男子学校対抗では、シード校の4校が順当に勝ち進んだ。注目の戸上隼輔(野田学園)は、準々決勝明豊(大分)戦の2番シングルスでゲームオール9本の大接戦を制すと、ダブルスでも勝利。チームのベスト4進出に貢献した。

一方の女子学校対抗では、シード校の1つである桜丘(愛知)が萩光塩学院(山口)に準々決勝で敗れる波乱。1番でエースの浅井が敗れたのが響いた。6連覇中の四天王寺(大阪)は、3回戦で大成女子(茨城)にあと1点で敗戦という窮地に追い込まれたが、逆転勝利。続く準々決勝でも希望が丘(福岡)との激戦を制し、準決勝進出を決めた。

>>インターハイ2019速報中!卓球試合記録データベース「ピンポニア」でチェック

18日のインターハイ3日目は、男女学校対抗準決勝や男女ダブルス4回戦から決勝まで、そして男女シングルス1回戦が行われる予定だ。

インターハイが進むにつれ、試合数も多くなり、選手は疲労が溜まっていくだろう。その中で、どのような試合が行われるのか。白熱が予想される3日目も目が離せない。

>>インターハイ歴代優勝一覧 男子編|平成30年分・完全保存版

3日目試合予定 学校対抗の部

男子学校対抗 準決勝

愛工大名電(愛知) – 遊学館(石川)
野田学園(山口) – 鶴岡東(山形)

女子学校対抗 準決勝

四天王寺(大阪) – 明徳義塾(高知)
萩光塩学院(山口) – 遊学館(石川)

3日目試合予定 ダブルス

男子ダブルス 4回戦

戸上・宮川(野田学園) – 伊藤・中川(安田学園)
吉田・大野(遊学館) – 小松・桜井(鶴岡東)
蘇健恒・日置(東京学館浦安) – 谷藤・西嶋(瓊浦)
安江・新名(亮)(明徳義塾) – 辻・中田(泰)(上宮)
篠塚・谷垣 (愛工大名電)- 片岡・寺下(福井商)
福澤・木村(杜若) – 藤木・手塚(明徳義塾)
藤根・芳賀(鶴岡東)- 中田(裕)・西(上宮)
渡辺・田原(明豊) – 加山・曽根(愛工大名電)

>>愛工大名電ペア5連覇なるか ダブルス見どころ

女子ダブルス 4回戦

出雲・相馬(遊学館) – 大橋・矢口(真岡女子)
大川・本井(四天王寺) – 熊谷・工藤(五所川原商)
桑原・川北(正智深谷) – 津田・枝廣(就実)
濱田・買手(札幌大谷) – 出澤・小林(大成女子)
白神・日口(白子) – 高田・岡田(明徳義塾)
児玉・伊藤(北越) – 藤森・杉本(希望が丘)
黒田・木塚(済美) – 門阪・山下(浜松修学舎)
谷渡・信田(富田) – 青木・小畑(横浜隼人)

>>インターハイ歴代優勝一覧 女子編|平成30年分・完全保存版

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2019.09.20
世界
日本
1
許キン(中国)
15645 pt
2
樊振東(中国)
15200 pt
3
馬龍 (中国)
14955 pt
1
張本智和(日本)
13345 pt
2
丹羽孝希(日本)
11200 pt
3
水谷隼(日本)
10195 pt
女子ランキング
2019.09.20
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16605 pt
2
丁寧 (中国)
15020 pt
3
朱雨玲 (中国)
14710 pt
1
伊藤美誠(日本)
12710 pt
2
石川佳純(日本)
13133 pt
3
平野美宇(日本)
12050 pt
SNS
FOLLOW US