四天王寺、貫禄のストレート勝ち 7連覇に王手<卓球・インターハイ2019 女子学校対抗> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:大川真実(四天王寺)/撮影:ラリーズ編集部

国内大会 四天王寺、貫禄のストレート勝ち 7連覇に王手<卓球・インターハイ2019 女子学校対抗>

2019.08.18 文:ラリーズ編集部

<インターハイ2019 2019年8月16日~8月20日>

18日、インターハイ3日目は、女子学校対抗準決勝が行われた。準決勝では四天王寺(大阪)と明徳義塾(高知)が対決した。

>>卓球試合記録データベース「ピンポニア」で激闘の記録をチェック

四天王寺が決勝進出

1番で四天王寺の大川が安定感のあるラリー戦で試合の主導権を握ると、一気にストレートで試合を決めた。

同時進行で試合をしていた四天王寺・菅澤は1ゲーム目からしゃがみ込みサーブを出し、全開で挑むも明徳義塾の岡田がラリーで粘り、1ゲーム目を先制される。その後1ゲームを返し、勝負を振り出しに戻したが、岡田の勢いが止まらず3ゲーム目を落とし、後がなくなる。しかし、4ゲーム目を粘りのプレーで逆転で奪うと、最終ゲームはミスのないプレーを見せ、四天王寺が2勝目を挙げた。これで四天王寺が決勝進出へ王手をかけた。

続くダブルスでは四天王寺の高橋/中森が、相手のレシーブにやや苦しみながらも、前陣でのラリーを徹底し、相手ペアを大きく動かす戦術をとる。ダブルスからの逆転にかける明徳義塾・岡田/高田ペアは気迫で食らいつくが一歩及ばずストレート負け。四天王寺が決勝へと駒を進めた。

>>インターハイ歴代優勝一覧 女子編

女子学校対抗準決勝


写真:明徳義塾は応援を味方に6連覇中の四天王寺に立ち向かった/撮影:ラリーズ編集部

四天王寺(大阪) 3-0 明徳義塾(高知)

○大川 3-0 船場
○菅澤 3-2 岡田
○高橋/中森 3-0 岡田/高田

>>福原愛も使った“最強サーブ”の聖地~王子卓球の過去と今~

男子ランキング
2020.10.21
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.10.21
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt