神戸松蔭女子学院大が全勝優勝 鶴岡菜月、5戦5勝で殊勲賞<関西学生卓球リーグ女子> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:女子1部優勝の神戸松蔭女子学院大学メンバー/撮影:ラリーズ編集部

国内大会 神戸松蔭女子学院大が全勝優勝 鶴岡菜月、5戦5勝で殊勲賞<関西学生卓球リーグ女子>

2020.09.07 取材・文:山下大志(ラリーズ編集部)

<令和2年度秋季関西学生リーグ戦(1・2部) 9月4日~6日・横大路運動公園体育館>

6日、関西学生卓球リーグは最終日を迎え、女子1部では神戸松蔭女子学院大学が全勝優勝を果たした。

>>男子の結果はこちら 文武両道の同志社大V 公立校出身・永田悠貴、ラスト飾る

神戸松蔭女子学院大学が勝負強さ見せV

女子1部は最終戦を残し、4勝の神松蔭大を3勝1敗の同志社大と立命館大が追いかける展開となっていた。神松蔭大は立命館大と、同志社大は関西学院大との対戦となった。


写真:5戦5勝でエースの働きを見せた塩見紗希(同志社大学)/撮影:ラリーズ編集部

同志社大は、エースの塩見紗希(4年)がトップで勝利し、チームを勢いづける。そのまま同志社大が4-1で昨秋首位の関学大を下した。


写真:1年生ながら勝ち星を重ねた原田季佳(立命館大)/撮影:ラリーズ編集部

神松蔭大を追いかける立命館大は、初日、2日目とまたしてもオーダーをがらりと変えた。原田季佳、田村美佳、河野凪沙の1年生トリオと、丸怜央菜、萱嶋沙希の2年生コンビと1、2年生のみのフレッシュなチーム構成で神松蔭大に挑んだ。1番、5番で原田、河野が勝利を収めたが、接戦をものにできず神松蔭大に軍配があがった。


写真:5勝をあげた鶴岡菜月(神戸松蔭女子学院大学)/撮影:ラリーズ編集部

日本卓球リーグ2部で実業団とともに腕を磨く神松蔭大は、勝負強さを見せ、3番の秋山有紀、4番の枝廣瞳がフルゲームをものにした。また、2番で勝利した鶴岡菜月は、5戦5勝で殊勲賞を受賞した。


写真:殊勲賞獲得で笑顔を見せる鶴岡菜月(神戸松蔭女子学院大学)/撮影:ラリーズ編集部

神松蔭大の主将・岩濱郁佳は「久しぶりに優勝できて良かったです。まさか優勝できるとは思ってなかったので、びっくりしています。追い込まれていてもチームのみんなを最後まで信じることができたのでそこも良かったです」と2018年秋以来のリーグ優勝に笑顔がこぼれた。

9日からは個人戦が開幕

男女1部2部のリーグ戦は、男子・同志社大、女子・神松蔭大の優勝で幕を閉じた。9日からはシングルスで争われる関西学生卓球選手権大会が行われ、関西学生のチャンピオンが決まる。また、男女3部、4部のリーグ戦は、11月22日、23日、26日に予定されている。

>>関西学生卓球リーグ特有の“称号” 強者のみが背負う「黄色ゼッケン」

女子1部

〇神戸松蔭女子学院大学(5勝) 3-2 立命館大学(3勝2敗)

鈴木理彩 2-3 〇原田季佳
〇鶴岡菜月 3-0 田村美佳
〇秋山有紀 3-2 丸怜央菜
〇枝廣瞳 3-2 萱嶋沙希
厚地うらら 0-3 〇河野凪沙

関西学院大学(2勝3敗) 1-4 〇同志社大学(4勝1敗)

光根鈴香 0-3 〇塩見紗希
白神ひかる 2-3 〇津田菜穂
〇村田咲紀 3-2 三浦千緋呂
秋山悠香 1-3 〇赤川真生
小脇瑞穂 0-3 〇山本真由

〇近畿大学(1勝4敗) 3-2 武庫川女子大学(5敗)

〇高橋優花 3-0 高田菜々子
榊原未侑 0-3 〇飯田菜月
〇田熊光里 3-0 野張沙希
中谷紗公良 2-3 〇小阪天海
〇山形あすか 3-0 山脇麻祐

女子1部最終順位


写真:2位の同志社大は男子1部1位の男子チームとともに記念撮影/撮影:ラリーズ編集部

1位:神戸松蔭女子学院大学
2位:同志社大学
3位:立命館大学
4位:関西学院大学
5位:近畿大学
6位:武庫川女子大学

※写真は撮影の直前までマスクを着用し、会話を控えてもらい撮影を行いました

>>関西学生卓球リーグ特有の“称号” 強者のみが背負う「黄色ゼッケン」

男子ランキング
2020.09.26
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.09.26
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt