「全員がMVP」日鉄物流ブレイザーズ、後期4位から下剋上の創部初V | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:ナンバー1ポーズを決める日鉄物流ブレイザーズ/撮影:ラリーズ編集部

国内大会 「全員がMVP」日鉄物流ブレイザーズ、後期4位から下剋上の創部初V

2020.12.13 文:ラリーズ編集部

<2020年度日本卓球リーグプレーオフ JTTLファイナル4 2020年12月12日~13日>

日本卓球リーグの年間総合優勝チームを決めるファイナル4が行われた。男子決勝戦では、後期リーグ4位の日鉄物流ブレイザーズ(以下、日鉄物流)が、後期2位の東京アートを3-0で下し、創部初のファイナル4優勝を飾った。

>>女子優勝は十六銀行 今季で引退の加藤姉妹「これが最後の団体戦」 涙の連覇

創部初のVは4位からの下剋上V

12日の準決勝では、後期1位の協和キリンを下し、勢いに乗る日鉄物流。対照的に東京アートは、愛知工業大学が棄権したため、決勝が今大会初試合となった。

1番、日鉄物流からはゴールド選手の田添健汰(木下グループ)、東京アートからは主将の高木和卓が登場した。田添が持ち味の両ハンドドライブでフルゲームの激戦を制し、まず日鉄物流が先勝した。


写真:田添健汰/撮影:ラリーズ編集部

2番は、定松祐輔(日鉄物流)と39歳のベテラン吉田海偉(東京アート)の対戦に。巧みなYGサービスと豪快な両ハンドで定松が吉田を撃破した。


写真:定松祐輔(日鉄物流)/撮影:ラリーズ編集部

王手をかけた3番は、松下海輝(日鉄物流)が、徹底したフォア側からのバックサービスで吉村和弘(東京アート)を翻弄し、ゲームカウント3-1で勝利を収めた。


写真:フォア側からのバックサービスが功を奏した松下海輝(日鉄物流)/撮影:ラリーズ編集部

田添、定松、松下と希望が丘高出身の3選手が白星を掴み、この結果、後期4位の日鉄物流が、下剋上Vを果たした。優勝した日鉄物流の杉井孝至監督は「チーム一丸で戦ってきたので、僕からしたら全員がMVP」と選手を褒め称えた。

東京アート 0-3 日鉄物流ブレイザーズ


写真:日鉄物流ブレイザーズ/撮影:ラリーズ編集部

高木和卓 2-3 〇田添健汰
12-10/6-11/11-6/7-11/7-11

吉田海偉 1-3 〇定松祐輔
9-11/6-11/11-7/7-11

吉村和弘 1-3 〇松下海輝
11-6/12-14/9-11/5-11

特集 東京アート


写真:東京アートメンバー/撮影:伊藤圭

>>【特集】常勝軍団・東京アート卓球部 強さの秘密

男子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
11094 pt
2
許キン(中国)
10356 pt
3
馬龍(中国)
10212 pt
1
張本智和(日本)
8534 pt
2
丹羽孝希(日本)
5666 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
11850 pt
2
伊藤美誠(日本)
10498 pt
3
孫穎莎(中国)
9840 pt
1
伊藤美誠(日本)
10498 pt
2
石川佳純(日本)
6750 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt