平野友樹が男子単V「すべてのタイトルをゲットしたい」<卓球・ビッグトーナメント> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:平野友樹(協和キリン)/撮影:ラリーズ編集部

国内大会 平野友樹が男子単V「すべてのタイトルをゲットしたい」<卓球・ビッグトーナメント>

2021.04.22 文:ラリーズ編集部

<卓球 ビッグトーナメント 4月19日~4月22日 熊本県立総合体育館>

最終日となる22日は、男子シングルスで第2ステージの決勝戦まで行われ、平野友樹(協和キリン)が優勝を飾った。

男子シングルス総括


写真:平野友樹(協和キリン)/撮影:ラリーズ編集部

男子シングルス決勝には、平野と酒井明日翔(シチズン時計)が登場した。平野は準々決勝でカットマンの御内健太郎(シチズン時計)に3-0のストレートで勝利すると、続く準決勝では硴塚将人(協和キリン)とフルゲームに及ぶ熱戦を繰り広げ、3-2で取り切り決勝に進んできた。

対する酒井は、準々決勝で鹿屋良平(リコー)を3-0のストレートで破ると、準決勝で藤村友也(日鉄物流ブレイザーズ)に1ゲーム目を取られるも、後の3ゲームをしっかりと取り、3-1で勝利して決勝の舞台に上がった。


写真:酒井明日翔(シチズン時計)/撮影:ラリーズ編集部

試合は、平野が1ゲーム目を11-2で取ると、すかさず酒井が2ゲーム目を取って、1-1に。このまま取って取られてを繰り返すかと思われたが、3ゲーム目以降平野がバックストレートを駆使して得点を重ねると、4ゲーム目でも平野の勢いは止まらなかった。

平野が自身の持ち味である安定したフォアドライブの連打で酒井のミスを誘うと、10-3で平野のチャンピオンシップポイントに。酒井が高速チキータで1点を返すも、最後は平野の回り込みフォアドライブが決まり、静かにガッツポーズをとって喜びをかみしめた。

平野は1月の全日本選手権を棄権していたため、これが今年初の公式戦かつ初タイトルとなった。


写真:酒井明日翔(シチズン時計)/撮影:ラリーズ編集部

平野友樹(協和キリン)優勝インタビュー


写真:平野友樹(協和キリン)/撮影:ラリーズ編集部

優勝の感想

1回戦が一番キツいと思っていた。先を見ずに目先の試合を一戦一戦頑張ったのが優勝という結果に結びついたと思う。

今大会に向けての準備について

まだ技術が成長出来ると自分の中では思っている。特にバックの強化をしてきた。全日本に出られなくて、もう一度技術の見直しということで自分に足りないものを考えたときにバックストレートがまだ世界のレベルに達していないと思った。(バックハンドでの)バックストレートの練習を毎日やっていたことが今回活きた。特に1、2回戦は練習でやってきたことを120%出せて、自信を持って決勝までプレーできた。それが勝因。

苦しかった試合は?

船本戦。前回負けている。しかも前回(日本リーグで)負けた時と(同じ会場の)同じコートだった。勝っても競っているし、前回負けているので緊張感を持って試合に入れた。そこが大きなポイントだった。硴塚くんとも競りましたけど、自信を持ってプレーできた。


写真:平野友樹とコーチとして入る松平賢二(ともに協和キリン)/撮影:ラリーズ編集部

バックストレートについて

タイミングも威力も。相手にわかりづらさも。どうしてもブロックになりがちだったので、そこでカウンター技術を使わないと勝てない。自分も年齢が上になってきて、下の子たちが会社にも入ってきた。イケイケ卓球じゃないですけど、そういう選手たちが多くなってきた。どうしても対抗しないといけないので。

久しぶりの試合はどうであったか

緊張感は最初あった。ダブルスで最初感覚を取り戻せた。

全日本選手権を会社として欠場の判断について

悔しくないと言ったら嘘になりますけど、国民の皆さんの健康を会社は大切にしている。自分たちの決断は致し方ないと思うし、自分たちにとってはいいことだったかなと今になってみて思う。そういう思いがあって、協和キリン卓球部の中から優勝者を出すという目標で一個人戦ではあったけどチームとして優勝に向けて取り組んできたことが、自分の中では大きかった。

今年度いいスタートが切れたが、今後の目標は?

一つ目のタイトルをゲットできた。すべてのタイトルをゲットしたい。

日本卓球リーグ今後の予定

日本卓球リーグ実業団連盟が主催する大会として、6月23日(水)~27日(日)の5日間にわたって2021年前期日本卓球リーグ千葉大会が行われる予定だ。

最終日結果

男子シングルス準決勝

平野友樹(協和キリン) 3-2 硴塚将人(協和キリン)
6-11/11-2/11-8/9-11/11-7

藤村友也(日鉄物流ブレイザーズ) 1-3 酒井明日翔(シチズン時計)
11-9/3-11/7-11/13-15

男子シングルス決勝

平野友樹(協和キリン) 3-1 酒井明日翔(シチズン時計)
11-2/8-11/11-7/11-4

男子シングルス順位

1位:平野友樹(協和キリン)


写真:平野友樹(協和キリン)/撮影:ラリーズ編集部

2位:酒井明日翔(シチズン時計)


写真:酒井明日翔(シチズン時計)/撮影:ラリーズ編集部

3位:硴塚将人(協和キリン)、藤村友也(日鉄物流ブレイザーズ)


写真:硴塚将人(協和キリン)/撮影:ラリーズ編集部


写真:藤村友也(日鉄物流ブレイザーズ)/撮影:ラリーズ編集部

平野友樹インタビュー

>>平野友樹・“鬼の弟”が覚醒した「張本を倒した大会」

松平賢二インタビュー


写真:松平賢二(協和キリン)/撮影:ラリーズ編集部

>>【松平賢二#1】”運命の同期”水谷隼と正反対の道の始まり 

>>【松平賢二#2】「将来は公務員」 安定志向から実力主義への転換

>>【松平賢二#3】エリートの巣窟での「生存戦略」 ラスト1席に座るのは俺だ

>>【松平賢二#4】“29歳で掴んだ好機”と”意外な23時の電話”

ビッグトーナメント大会記事

>>ビッグトーナメント大会報道記事はこちら!

男子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
11094 pt
2
許キン(中国)
10356 pt
3
馬龍(中国)
10212 pt
1
張本智和(日本)
8534 pt
2
丹羽孝希(日本)
5666 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
11850 pt
2
伊藤美誠(日本)
10498 pt
3
孫穎莎(中国)
9840 pt
1
伊藤美誠(日本)
10498 pt
2
石川佳純(日本)
6750 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt