大藤・横井(四天王寺)が女子複で優勝 落としたゲームはわずか"1"<卓球・インターハイ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:横井咲桜(写真左)・大藤沙月(四天王寺)/撮影:ラリーズ編集部

大会報道 大藤・横井(四天王寺)が女子複で優勝 落としたゲームはわずか“1”<卓球・インターハイ>

2021.08.15 文:ラリーズ編集部

<第90回全国高等学校総合体育大会 日時:8月12日~17日 場所:富山県 富山市総合体育館>

15日、インターハイ卓球競技は3日目を迎え、女子ダブルスの優勝ペアが決まった。

優勝は第1シードの大藤沙月/横井咲桜(四天王寺)。決勝では菅澤柚花里/中森帆南(四天王寺)の同校対決で1ゲームを落としたものの、それまでは1ゲームも落とさない完璧な勝ち上がりを見せていた。全日本ジュニア優勝、準優勝コンビの実力を存分に見せつける優勝となった。

また、3位には就実のエースダブルス枝廣愛/吉井亜紀ペアと、ノーシードから勝ち上がった左利き同士の山﨑唯愛/直江杏ペア(明誠)が入った。

結果は以下の通り。

女子ダブルスベスト4

1位:大藤沙月・横井咲桜(四天王寺)


写真:大藤沙月・横井咲桜(四天王寺)/撮影:ラリーズ編集部

2位:中森帆南・菅澤柚花里(四天王寺)


写真:中森帆南・菅澤柚花里(四天王寺)/撮影:ラリーズ編集部

3位:枝廣愛・吉井亜紀(就実)


写真:枝廣愛・吉井亜紀(就実)/撮影:ラリーズ編集部

3位:山﨑唯愛・直江杏(明誠)


写真:山﨑唯愛・直江杏(明誠)/撮影:ラリーズ編集部

女子ダブルス結果

女子ダブルス4回戦

〇大藤/横井(四天王寺) 3-0 番条/山脇(白子)
〇浅田/金本(岩国商業) 3-2 佐藤/坂崎(慶誠)
〇永野/吉岡(正智深谷) 3-0 泉田/高橋(遊学館)
植木/吉崎(進徳女子) 1-3 山崎/直江(明誠)〇

〇青井/白山(明徳義塾)3-1 甲斐/鶴岡(愛み大瑞穂)
〇枝廣/吉井(就実) 3-1 三村/阿久根(聖和学園)
伊藤/首藤(希望が丘) 2-3 野村/小林(桜丘)〇
宮脇/田上(鳥取敬愛) 0-3 菅澤/中森(四天王寺)〇

女子ダブルス準々決勝

〇大藤/横井(四天王寺) 3-0 浅田/金本(岩国商業)
永野/吉岡(正智深谷) 2-3 山崎/直江(明誠)〇
青井/白山(明徳義塾)0-3 枝廣/吉井(就実)〇
野村/小林(桜丘) 2-3 菅澤/中森(四天王寺)〇

女子ダブルス準決勝

〇大藤/横井(四天王寺) 3-0 山崎/直江(明誠)
枝廣/吉井(就実)2-3 菅澤/中森(四天王寺)〇

女子ダブルス決勝

〇大藤/横井(四天王寺) 3-1 菅澤/中森(四天王寺)
7-11/11-7/11-8/11-9

学生卓球特集動画

上宮高校

育英高校

湘南工科大附高

学生卓球記事

>>“オールフォア”の東山高校卓球部は、常にPDCAを回す理論派集団だった

インターハイ大会報道

>>インターハイ大会報道はこちら

男子ランキング
2022.01.11
世界
日本
1
樊振東(中国)
14145 pt
2
馬龍(中国)
10510 pt
3
許昕(中国)
8630 pt
1
張本智和(日本)
8505 pt
2
丹羽孝希(日本)
4943 pt
3
水谷隼(日本)
4578 pt
女子ランキング
2022.01.11
世界
日本
1
陳夢(中国)
13100 pt
2
孫頴莎(中国)
12500 pt
3
伊藤美誠(日本)
9965 pt
1
伊藤美誠(日本)
9965 pt
2
石川佳純(日本)
6440 pt
3
平野美宇(日本)
5713 pt