インカレベスト4の福岡大・下田、男子単1位通過<卓球・全日本熊本県予選> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:下田奨磨(福岡大学)/撮影:ラリーズ編集部

大会報道 インカレベスト4の福岡大・下田、男子単1位通過<卓球・全日本熊本県予選>

2021.11.22 文:ラリーズ編集部

<全日本卓球選手権熊本県予選 日時:11月3日、11月13日 場所:山鹿市総合体育館>

2022年全日本卓球選手権大会(以下、全日本)が2022年1月24日~1月30日の日程で東京体育館にて開催予定となっている。それに伴い、全国各地で全日本予選が開催されている。

11月3日、11月13日には熊本県にて全日本選手権大会予選会が実施され、男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルス、ジュニア男女シングルスの出場者が決定した。

インカレでベスト4に入った福岡大学の下田奨磨や東京富士大の松岡優香ら大学生が強さを見せた。

出場者は以下の通り。

男子シングルス代表(2名)

下田奨磨(福岡大学)
西竜輝(大阪成蹊大学)

女子シングルス代表(2名)

松岡優香(東京富士大学)
佐藤瑠衣(慶誠高)

男子ダブルス代表(1組)

下田奨磨/寺﨑雅也(福岡大学)

女子ダブルス代表(1組)

吉松寿莉/古森まこも(開新高)

混合ダブルス代表(1組)

加藤遼(北陸大学)/先田萌乃(慶誠高)

ジュニア男子シングルス代表(4名)

石山朋弥(慶誠高)
塚﨑大地(慶誠高)
中本太成(開新高)
池田康智(城山ひのくにジュニア)

ジュニア女子シングルス代表(4名)

山室早矢(城山ひのくにジュニア)
吉松寿莉(開新高)
坂﨑涼帆(慶誠高)
久冨瑠夏(ヒゴ鏡卓球クラブ)

下田奨磨(福岡大学)の試合動画

関連記事

>>肥後の小学生たちが本気で日本一を狙い、勝ち取った初優勝「会場の中で、うちが一番勝ちたがっていた」

潜入・高校卓球部

>>【特集】潜入・高校卓球部 名門高校卓球部を続々取材!

潜入・大学卓球部

>>【特集】潜入・大学卓球部 専修大、中央大、早稲田大など大学卓球部に潜入!

関連記事

>>各地の全日本予選の結果記事

男子ランキング
2021.10.12
世界
日本
1
樊振東(中国)
12494 pt
2
馬龍(中国)
12212 pt
3
許昕(中国)
10356 pt
1
張本智和(日本)
8709 pt
2
丹羽孝希(日本)
5841 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.10.12
世界
日本
1
陳夢(中国)
13850 pt
2
孫頴莎(中国)
11240 pt
3
伊藤美誠(日本)
11198 pt
1
伊藤美誠(日本)
11198 pt
2
石川佳純(日本)
7100 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt