札幌大・平岡「後輩の活躍に刺激」で男子単V 男子複は札幌大1年生ペアが優勝<卓球・全日学北海道予選男子> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:決勝戦で勝利した平岡稜真(札幌大学)/提供:札幌大学

大会報道 札幌大・平岡「後輩の活躍に刺激」で男子単V 男子複は札幌大1年生ペアが優勝<卓球・全日学北海道予選男子>

2022.08.24

<第88回全日本大学総合卓球選手権大会(個人の部)北海道予選 8月13日(土)、14日(日) 会場:札幌市南区体育館>

8月13日、14日で第88回全日本大学総合卓球選手権大会(個人の部)北海道予選が行われた。男子シングルスでは平岡稜真(札幌大学)、男子ダブルスでは金須渚・髙橋大策(札幌大学)が優勝を飾った。

男子シングルストーナメントベスト8の8名と代表決定戦通過2名を合わせた10名、男子ダブルスはベスト4の4ペアと代表決定戦通過の1ペアを合わせた5ぺアが予選を通過した。

予選通過者は以下の通り。

男子シングルス予選通過者


写真:優勝した平岡稜真(札幌大学・写真左)と準優勝の髙橋大策(札幌大学)/提供:札幌大学

1位 平岡稜真(札幌大学)
2位 髙橋大策(札幌大学)
3位 清水祥喜(札幌国際大学)、川瀨仁志(北海学園大学)


写真:川瀨仁志(北海学園大学) 写真は2021年全日学時/撮影:ラリーズ編集部

ベスト8 秦大翔(札幌大学)、斎藤怜吏(札幌大学)、名古屋幸希(札幌大学)、松井海聖(札幌国際大学)
9位、10位 国田広也(札幌国際大学)、伊藤楓真(札幌大学)


写真:第1シードに勝利して代表権を獲得した秦大翔(札幌大学)/提供:札幌大学

男子ダブルス予選通過ペア


写真:左から伊藤楓真、金須渚、髙橋大策、名古屋幸希(札幌大学)/提供:札幌大学

1位 金須渚・髙橋大策(札幌大学)
2位 伊藤楓真・名古屋幸希(札幌大学)
3位 大谷龍二・清水祥喜(札幌国際大学)、国田広也・松井海聖(札幌国際大学)
5位 斎藤怜吏・平岡稜真(札幌大学)

通過選手のコメント

今回は、男子シングルス優勝の平岡稜真(札幌大学2年・旭川実業高校出身)、男子ダブルス優勝の金須渚(札幌大学1年・駒大苫小牧高校出身)・髙橋大策(札幌大学1年・北海道科学大学高校出身)に話を聞いた。

平岡稜真(札幌大学2年・旭川実業高校出身)コメント


写真:男女決勝の様子/提供:札幌大学

今年はまだダブルス(ペア:斎藤怜吏)が1回も優勝できていなくて、個人的にはシングルスよりもダブルスを頑張りたいなと思って、練習もダブルスを重点的にやってきました。

ただ、いざ試合に入ってみると、上手く嚙み合わなくてベスト8で終わってしまいました。敗者復活の方で何とか代表をとることができたので、嬉しくはないけど通過はできて安心しています。

代表決定戦で一度負けた後に、パートナーの斎藤さんと「去年すごい成績が良かったから自分たちが受け身になっているかもしれない」と話をして、敗者復活戦では「振るしかないから強気でいこう」と思ってようやく噛み合ったなという感じです。


写真:決勝戦での平岡稜真(札幌大学)/提供:札幌大学

シングルスの方は、調子が良くなかったのに優勝してしまって、嬉しいというより不安な感じがあります。他校との苦しい試合というよりも同士討ちでの勝利が多くて、優勝の実感はなくて、自信に繋がらなかった試合でした。また練習して自信をつけていきたいと思います。

1年生の後輩がダブルスで優勝したり、シングルスも決勝まで来たりと、後輩の活躍にはすごい刺激を受けています。結果を残すと満足しちゃうタイプなんですけど、後輩が練習頑張ってるのを見るのを、自分ももっと頑張れるなと思えるので刺激を受けています。


写真:決勝戦で勝利した平岡稜真(札幌大学) 決勝は1年生の髙橋大策(札幌大学)と対戦/提供:札幌大学

これまで全国大会では内心ビビッて振りにいけないことが多かったので、全国的に見ると下から数えた方が早いレベルの選手でもある自分は、本戦ではビビらないで積極的にいけたらなと思っています。

金須渚(札幌大学1年・駒大苫小牧高校出身)コメント


写真:金須渚(札幌大学)/提供:札幌大学

シングルスはダメだったんですけど、ダブルスは大会の結構前からずっと1位獲りたいと思って練習してきたので、とても嬉しかったです。お互い良く練習してたので、試合でも自分たちの得意なプレーができて、そういうところが優勝に繋がったと思います。

高校を卒業して札幌大学に来て、大学は人数が多くて、いろんな戦型や違ったタイプと練習できて、すごく刺激になります。

個人戦では初めての全国大会なので、団体戦とは違う面があると思うので、そこはすごく楽しみです。まずは1勝して、そこからは自分のプレーができるように頑張りたいです。

髙橋大策(札幌大学1年・北海道科学大学高校出身)コメント


写真:髙橋大策(札幌大学)/提供:札幌大学

ダブルスは、これまでずっと優勝できてなかったので、せっかくだし優勝したいなと思ってました。準決勝では2-2の8-10負けだったんですけど、(金須)渚が2点粘って点を奪ってくれてそこを勝てたのは、自信になりました。

シングルスは、高校のときに全然結果を残せずに終わってたんで、大学に入って初の全国が懸かった大会で準優勝できて良かったです。気負い過ぎずに意外と力を抜いて試合に臨めて、決勝まで行けて2位に慣れて良かったです。


写真:髙橋大策(札幌大学)/提供:札幌大学

大学に入ってから、高校のときよりも自由な部分が増えたので、自分が頭を使って卓球をしないと結果が出てこないと感じています。練習メニューはもちろん試合中も考えるようになりました。

全国大会で1回も勝ったことないので、本戦ではまずは1勝目指して力まずに自分のプレーができればと思います。

【動画】インカレでの札幌大学卓球部

札幌大学卓球部特集(2020年11月公開)

>>第1話 廃部寸前だった札幌大卓球部が道内トップの強豪に返り咲いたワケ

>>第2話 “卓球が強くなる”以上のものを手に入れられる 札幌大卓球部の挑戦

>>第3話 部員ゼロから4年間で道内1敗の強豪に “雑草軍団”札幌大女子卓球部復活物語

>>札幌大学卓球部の紹介ページ(外部リンク)

男子ランキング
2022.09.02
世界
日本
1
樊振東(中国)
6900 pt
2
馬龍(中国)
3700 pt
3
梁靖崑(中国)
3085 pt
1
張本智和(日本)
3045 pt
2
宇田幸矢(日本)
968 pt
3
戸上隼輔(日本)
475 pt
女子ランキング
2022.09.02
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
5770 pt
2
陳夢(中国)
5575 pt
3
王曼昱(中国)
4710 pt
1
伊藤美誠(日本)
2905 pt
2
早田ひな(日本)
2710 pt
3
石川佳純(日本)
1575 pt