ヨーロッパチャンピオンズリーグ決勝戦が開幕 水谷擁するオレンブルグは黒星スタート【ECL2017/2018決勝】


*写真は世界卓球2018ハルムスタッド大会の水谷隼(木下グループ)

ヨーロッパのクラブチーム王者を決める一戦が開幕

ヨーロッパチャンピオンズリーグの決勝戦が日本時間5/13(日)の20時から始まった。

チャンピオンズリーズの幸先を占う初戦、登場したのは”ドイツの皇帝”ティモ・ボル(5月度世界ランキング3位)擁する強豪、ボルシア・デュッセルドルフ。対するはロシアのオレンブルグだ。オレンブルグにはボルと並ぶドイツのエース、オフチャロフ(同2位)、そして日本のエース、水谷隼(同13位・木下グループ)、と、古豪サムソノフ(同24位)が所属しており、“世界のオールスター”との呼び声も高い。

去年も同カードで、オレンブルグが優勝を飾っている。
世界卓球を終えて迎えた、クラブの世界一を決める大一番。果たして勝利の女神はどちらに微笑んだのか。

ヨーロッパチャンピオンズリーグの制度

ヨーロッパ各リーグの上位が参戦し、現在は男子は16チームが参戦しており、4チームずつ4つの組に分かれてホーム&アウェイでリーグ戦を行い、各組の上位2チームが決勝トーナメントに進出する。

決勝トーナメントはホーム&アウェイで2戦行い、2勝するか、1勝1敗で得失点差で上回ったチームが勝ち上がる。

ECL決勝第1戦:オレンブルグ 2-3 デュッセルドルフ

第1試合:オフチャロフ 1-3 ボル

ドイツのエース、ドミトリー・オフチャロフ選手
写真:picture alliance/アフロ

<スコア>
7-11/8-11/12-10/6-11

不調のオフチャロフ、ミスが相次ぎ1、2ゲームを落としてしまった。
オフチャロフのカウンターが決まり始め、点差が詰まるもボルが台から距離取り、オフチャロフのタイミングを外し、ミスを誘う。
しかし、オフチャロフも維持を見せ、第3ゲームを取るも、ボルの安定した卓球を前に敗北に終わった。

第2試合:水谷 3-2 Kカールソン

<スコア>
11-8/8-11/12-10/9-11/14-12

相手は世界卓球で勢いづくスウェーデンの主砲、Kカールソン。
今シーズンもここまで10戦全勝の活躍を見せていた水谷はカールソンよりボールの威力こそ劣るものの、カールソンのミスを誘う緩急のあるボールを多用し、カールソンの重いドライブに対して防戦一方になってしまい、ゲームカウント1-1のイーブンに。

3ゲーム目は水谷の大量リードから始まったものの、互いに譲らぬシーソーゲームとなった。そして最後は水谷が鋭いカウンターでこのゲームを奪った。4ゲーム目、カールソンの攻撃を封じようとストップ(レシーブ技の一種。台の手前にボールを短めに落とし、相手に攻めさせない技)を軸に試合を組み立てていく水谷だが、思ったよりカールソンのサーブが鋭かったのか、ストップが浮いてしまい、このゲームを落とす。

迎えた最終ゲーム。水谷は自らのチキータ(レシーブ技。相手のサーブに対して、サイドスピンをかけて、曲がる球を打つ)がカールソンに狙われていると判断したか、ここでもレシーブ策としてストップを多用していた。
ここではうまくカールソンのサーブに対応し、カールソンの思い通りな攻撃をさせない。最後は水谷の粘り勝ち。これで団体戦はイーブンに。

第3試合:サムソノフ 3-1 カールバーグ

ベラルーシのサムソノフはラリーの安定性が高い。この写真は世界卓球2018のもの。
写真:picture alliance/アフロ

<スコア>
11-6/11-3/7-11/11-6

サムソノフが持ち前の安定した、守備の堅いプレーでスウェーデンの若手、アントン・カールバーグに確実に試合に勝利し、再び水谷の出番に。

第4試合:水谷 1-3 ボル

“ドイツの皇帝”ティモ・ボル
写真:AP/アフロ

<スコア>
11-13/8-11/11-5/3-11

第1ゲームから両者の熾烈なラリー戦となった。しかしここは回転量で勝るボルがデュース戦の末、ゲームを先取。2ゲーム目も水谷は流れを変えられず、ボルにゲームを奪われてしまう。

追い詰められた水谷は3ゲーム目、ラリー戦は不利と見たのか、的確にコースを突き、ボルの卓球を封じこめ、ゲームカウント1-2とした。

しかし4ゲーム目は、またも激しいラリーの応酬。ここはボルの独壇場だった。水谷に付け入る隙を与えず、ボルに軍配が上がった。

第5試合:オフチャロフ 0-3 Kカールソン

<スコア>
8-11/4-11/8-11

そして迎えた最終試合。悪い流れで迎えてしまった水谷のオレンブルグだが、結局オフチャロフがその流れを断ち切ることができず、ストレートで敗北。チームとしても、大事な初戦を落とした。

第2戦は日本時間5/18金の22時からこちらのサイトでライブ配信される予定だ。
ヨーロッパの王者を決める最高峰の試合をぜひ生でご覧になってみてはいかがだろうか。

文:ラリーズ編集部
写真:千葉格/アフロ

関連リンク

張本智和が自己最高10位に、樊振東が首位独走|卓球男子世界ランキング(5月発表)
石川佳純が3位キープ、世界卓球8勝の伊藤美誠が自己最高5位|卓球女子世界ランキング(5月発表)
【シリーズ/徹底分析】水谷隼vs李尚洙〜不調を乗り越えた水谷の強さに迫る〜【世界卓球2018】
【Real Voice・前編】10年の武者修行を経て。森薗政崇が語る「ドイツで戦う難しさ」
【Real Voice・後編】森薗政崇が語る ドイツでの私生活と苦悩

この記事のURLとタイトルをコピーする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする