平野友樹、台湾の若きエースに完敗も価値あるベスト8<卓球・チェコオープン> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアー・チェコオープン
2019年8月20日~2019年8月25日・オロモウツ
2019.08.24

平野友樹、台湾の若きエースに完敗も価値あるベスト8<卓球・チェコオープン>

写真:平野友樹(協和キリン)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアー・チェコオープン 2019年8月20日~8月25日>

24日、チェコオープン・男子シングルス準々決勝が行われ、日本男子で唯一ベスト8進出の平野友樹(8月世界ランキング116位・協和キリン)が林昀儒(リンインジュ・同13位・チャイニーズタイペイ)と対戦した。平野は林昀儒に終始圧倒され、ゲームカウント0-4のストレート負けを喫した。

林昀儒が平野友樹をサーブで完封

試合は、終始平野が林昀儒のサーブに苦しみ、ラリーでも優位に立たれる展開。第2ゲームからは平野が積極的な攻撃を仕掛けるも、林昀儒の柔らかいタッチのブロックでうまく対応され、反撃の糸口を見つけることはできなかった。

試合はそのまま林昀儒が平野を寄せ付けず、ゲームカウント4-0で勝利。

平野友樹は敗れはしたものの日本男子最高のベスト8で今大会を終えた。勝利した林昀儒は、25日に行われる準決勝へと駒を進めている。

>>水谷破った17歳・林昀儒が優勝 樊振東にも金星<T2ダイヤモンド・卓球>

詳細スコア

林昀儒
写真:林昀儒(チャイニーズタイペイ)/提供:ittfworld

平野友樹 0-4 〇林昀儒(チャイニーズタイペイ)
1-11/9-11/7-11/7-11

>>平野友樹、2回戦の結果はこちら

文:ラリーズ編集部

コメント
0