張本破った中国のホープ、同士討ち制し準決勝へ<卓球・スウェーデンオープン> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアー・スウェーデンオープン
2019年10月1日~2019年10月6日・ストックホルム
2019.10.05

張本破った中国のホープ、同士討ち制し準決勝へ<卓球・スウェーデンオープン>

写真:王楚欽(中国)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアー・スウェーデンオープン 2019年10月1日~10月6日>

5日、スウェーデンオープン・男子シングルスの準々決勝が行われ、許昕(シュシン)、梁靖崑(リャンジンクン)、王楚欽(ワンチューチン)、趙子豪(ジョウチーホウ)の中国4選手が登場した。

中国同士の対決は、梁靖崑が許昕を4-2、王楚欽が趙子豪4-0で下し、それぞれ準決勝へと駒を進めた。

同士討ちを制した梁靖崑と王楚欽は、6日行われる準決勝で激突する。

>>“伝説の中国越え男”・松平健太が語る中国の強さとは?

梁靖崑がリベンジ果たす


写真:梁靖崑(中国)/提供:ittfworld

梁靖崑は、2019年の直近の対戦で許昕に2連敗しており、リベンジがかかった試合となった。

試合は、序盤から梁靖崑がミスの少ないプレーで許昕を圧倒し、一気に3ゲームを連取。勝利に王手をかける。

その後、世界ランキング1位の許昕が流石の修正能力を見せ、2ゲームを返すが、反撃はここまで。最後は梁靖崑がパワフルな両ハンドで押し切り、4-2で許昕を下した。

一方、男子シングルス2回戦で張本智和(同5位・木下グループ)破った王楚欽は、圧倒的な強さを見せ、趙子豪をストレートで下した。

試合は、王楚欽がラリーで中国式ペンホルダーの趙子豪を圧倒し、反撃の隙を一切与えなかった。

>>名将・邱建新が語る!中国はなぜ卓球が強いのか?

詳細スコア

許昕(中国)2-4 〇梁靖崑(中国)
6-11/8-11/7-11/11-8/11-8/6-11

趙子豪(中国)0-4 〇王楚欽(中国)
6-11/6-11/7-11/5-11

>>水谷隼が語る!なぜ中国は卓球が強いのか?

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.04.10
世界
日本
1
許キン(中国)
17260 pt
2
樊振東(中国)
16915 pt
3
馬龍 (中国)
16335 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9270 pt
女子ランキング
2020.04.10
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17015 pt
2
孫穎莎 (中国)
15460 pt
3
伊藤美誠(日本)
15080 pt
1
伊藤美誠(日本)
15080 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US