18歳の神童・林昀儒が銅メダル 世界王者との激闘制す<卓球・男子ワールドカップ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
2019男子ワールドカップ
11月29日(金)~12月1日(日)・成都(中国)
2019.12.01

18歳の神童・林昀儒が銅メダル 世界王者との激闘制す<卓球・男子ワールドカップ>

写真:林昀儒(チャイニーズタイペイ)/提供:ittfworld

<2019男子ワールドカップ(成都) 2019年11月29日~12月1日>

1日、男子ワールドカップ・3位決定戦が行われ、世界王者・馬龍(マロン・中国)と18歳の神童・林昀儒(リンユンジュ・チャイニーズタイペイ)が対戦。林昀儒が世界王者とのフルゲームの激闘を制し、見事銅メダルを勝ち取った。

>>水谷隼が語る!なぜ中国は卓球が強いのか?

林昀儒、3位決定戦を制す

林昀儒
写真:林昀儒(チャイニーズタイペイ)/提供:ittfworld

両者は国際大会の舞台で過去3度対峙し、馬龍が2勝1敗と勝ち越すものの、直近のT2ダイヤモンド・マレーシア大会では林昀儒が4-2で勝利していた。

今回の対戦、精彩を欠きミスが目立った馬龍。第1ゲームは林昀儒がハーフロングサーブとチキータで主導権を握り、馬龍を圧倒する。続く第2ゲームはデュースとなるが、最後は林昀儒が制し、ゲームカウント2-0とリードを広げる。

しかし第3ゲームからは、馬龍が反撃を開始。ロートスサーブや縦回転系サービスを巧みに混ぜることで、林昀儒のチキータレシーブの質を落とすことに成功し、第3、第4ゲームを連取する。

その後、交互にゲームを奪い合った両者。ゲームカウントは3-3となり、勝負の行方は最終第7ゲームへともつれ込む。

第7ゲーム、序盤は接戦となるが、6-4から林昀儒が5連続ポイント。最後は林昀儒が11-4でこの激闘に終止符を打ち、見事銅メダルを獲得した。

>>“伝説の中国越え男”・松平健太が語る中国の強さとは?

詳細スコア

馬龍
写真:馬龍(中国)/提供:ittfworld

馬龍(中国)3-4 〇林昀儒(チャイニーズタイペイ)
4-11/11-13/11-8/11-9/8-11/11-5/4-11

>>名将・邱建新が語る!中国はなぜ卓球が強いのか?

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2019.12.16
世界
日本
1
許キン(中国)
16600 pt
2
樊振東(中国)
16150 pt
3
馬龍 (中国)
15285 pt
1
張本智和(日本)
13890 pt
2
丹羽孝希(日本)
10200 pt
3
水谷隼(日本)
10065 pt
女子ランキング
2019.12.16
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16565 pt
2
孫穎莎 (中国)
15715 pt
3
劉詩文 (中国)
14955 pt
1
伊藤美誠(日本)
14590 pt
2
石川佳純(日本)
11515 pt
3
平野美宇(日本)
11325 pt
SNS
FOLLOW US