前回王者・樊振東、台湾の18歳に圧勝<卓球・男子ワールドカップ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:林昀儒(チャイニーズタイペイ)/提供:ittfworld

国際大会 前回王者・樊振東、台湾の18歳に圧勝<卓球・男子ワールドカップ>

2019.12.01 文:ラリーズ編集部

<2019男子ワールドカップ(成都) 2019年11月29日~12月1日>

1日、男子ワールドカップ・シングルス準決勝が行われ、世界ランキング1位の樊振東(ファンジェンドン・中国)と18歳の神童・林昀儒(リンユンジュ・チャイニーズタイペイ)が対戦。圧巻の強さを見せた樊振東が4-0で林昀儒を下し、決勝進出を果たした。

2018年ワールドカップ王者の樊振東は、連覇をかけて張本智和(木下グループ)と決勝で対決する。

>>水谷隼が語る!なぜ中国は卓球が強いのか?

樊振東がパワードライブで圧倒


写真:樊振東(中国)/提供:ittfworld

今年だけで4度対戦している両者。先日行われたオーストリアオープンでは樊振東がゲームカウント4-2で勝利し、対戦成績を3勝1敗と伸ばしていた。

試合は第1ゲームをパワーで押し切った樊振東が奪うと、第2ゲームも勢いのままに奪取し、ゲームカウントを2-0とリードする。

林昀儒も得意のサーブと鋭いバックハンドで対抗するが、最後まで樊振東の威力あるドライブに上手く対応することはできず。うなるようなドライブを随所で見せた樊振東が、続く第3、第4ゲームを連取し、ゲームカウント4-0のストレート勝ちを収めた。

勝利した樊振東は、同日午後に行われる決勝で張本智和(木下グループ)と対決する。林昀儒は3位決定戦へとまわり、中国の馬龍(マロン)と3位の座を争うことが決まった。

>>“伝説の中国越え男”・松平健太が語る中国の強さとは?

詳細スコア


写真:林昀儒(チャイニーズタイペイ)/提供:ittfworld

〇樊振東(中国)4-0 林昀儒(チャイニーズタイペイ)
11-8/11-6/11-8/11-5

>>男子ワールドカップ・最終日見どころはこちらから

男子ランキング
2020.07.10
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.07.10
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt