伊藤美誠「自信になった」 圧巻のカット打ちで日本人対決制す<卓球・グランドファイナル> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアーグランドファイナル
2019年12月12日~2019年12月15日・鄭州
2019.12.13

伊藤美誠「自信になった」 圧巻のカット打ちで日本人対決制す<卓球・グランドファイナル>

写真:伊藤美誠/撮影:ラリーズ編集部

<ITTFワールドツアーグランドファイナル 2019年12月12日~12月15日>

13日、ITTFグランドファイナルの女子準々決勝で伊藤美誠(スターツ)と佐藤瞳(ミキハウス)の日本人対決が行われ、伊藤が圧巻のカット打ちを見せ、4‐0のストレート勝ちを収めた。

準決勝進出を果たした伊藤は次戦で、陳夢(チェンムン)と劉詩雯(リュウスーウェン)の勝者と決勝進出をかけ14日に戦う。

>>伊藤美誠がオフショット披露 黒い帽子姿に「オシャレ」や「可愛い」の声殺到

伊藤が完璧なカット打ちで佐藤を下す


写真:伊藤美誠/撮影:ラリーズ編集部

1回戦では伊藤はチャイニーズタイペイのエース・鄭怡静(チェンイーチン)のフルゲームの死闘を制した。一方で佐藤はリオ五輪金メダリスト丁寧(ディンニン・中国)に4-2で勝利し準々決勝まで勝ち上がってきた。

伊藤と佐藤は2019年だけでも計4回対戦しており、直近の11月に行われたT2ダイヤモンドを含め伊藤が4連勝している。

試合は丁寧戦のような粘りで活路を見出したい佐藤に対し、サーブで優位に立ち、ドライブとスマッシュの組み合わせで点数を取る伊藤が11‐7で1ゲーム目を先取する。

カットだけでは伊藤を崩せないと考えた佐藤は積極的に攻め、前陣でのバックブロックやドライブに加え、回転量豊富なカット伊藤のミスを誘い6‐6と接戦に持ち込む。佐藤は変化をつけるものの伊藤のスマッシュミスも少なく11-7で伊藤が連取する。

3ゲーム目も序盤ドライブをカットしにくいミドルに送り、浮いた球をスマッシュで叩く伊藤の戦法に対し、コートの奥ギリギリを狙うボールが安定せず点数を離されるが、サーブと丁寧戦で見せたロビングの粘りで追いつきデュースに持ち込む。最後は佐藤の攻撃のミスが響き、13‐11で伊藤が3連続でゲームを奪う。

4ゲーム目も伊藤が山なりループとミドルへの攻撃、スマッシュを織り交ぜ佐藤を圧倒。4ゲーム目も奪い、ゲームカウント4-0で伊藤が勝利した。佐藤も丁寧戦で見せた粘りを見せる場面も見られたが、ドライブを多用する丁寧に比べスマッシュを多用する伊藤に対してはカットで変化がつけにくく、ゲームを奪うことはできなかった。

試合後のコメント

敗れた佐藤は「実力差をすごく感じた。カットでほとんど点数が取れていない」と試合を振り返った。

今年最後の国際大会であるグランドファイナルについては「4年連続でグランドファイナルに参加して、初戦を突破できたのが初めてだったので良かった。今年1年振り返っても、中国選手に勝って日本選手に負けるパターンがほとんど。そこが反省材料。日本選手同士の戦いに勝たなければ厳しいなと感じた1年だった」と総括した。

一方、勝利した伊藤は「4-0で勝つことができて自信になった」と今年5度目となる佐藤との対戦についてコメント。「自分の卓球をして実力を全部出し切って、楽しんでやりたい」と次戦に向けて意気込みを述べた。

>>佐藤瞳、リオ金・丁寧に金星 8強入り<卓球・グランドファイナル>

詳細スコア


写真:佐藤瞳/撮影:ラリーズ編集部

〇伊藤美誠 4-0 佐藤瞳
11-7/11-7/11-6/11-4

>>卓球女子世界ランキング(12月発表)|伊藤美誠 自己最高位の4位にジャンプアップ

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.03.30
世界
日本
1
許キン(中国)
17260 pt
2
樊振東(中国)
16915 pt
3
馬龍 (中国)
16335 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9270 pt
女子ランキング
2020.03.30
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17015 pt
2
孫穎莎 (中国)
15460 pt
3
伊藤美誠(日本)
15080 pt
1
伊藤美誠(日本)
15080 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US