水谷/伊藤ペア、第1シードに完勝 決勝は中国と<卓球・グランドファイナル> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアーグランドファイナル
2019年12月12日~2019年12月15日・鄭州
2019.12.13

水谷/伊藤ペア、第1シードに完勝 決勝は中国と<卓球・グランドファイナル>

写真:伊藤美誠(写真右)・水谷隼(写真左)/撮影:ラリーズ編集部

<ITTFワールドツアーグランドファイナル 2019年12月12日~12月15日>

13日、グランドファイナルの混合ダブルス準決勝に日本の水谷隼(木下グループ)/伊藤美誠(スターツ)ペアが登場し、第1シードの黄鎮廷(ウォンチュンティン)/杜凱琹(ドゥホイカン・中国香港)ペアにゲームカウント3-0のストレート勝ち。決勝進出を決めた。

決勝では許昕(シュシン)/劉詩雯(リュウスーウェン・中国)ペアと14日戦う。

>>卓球女子世界ランキング(12月発表)|伊藤美誠 自己最高位の4位にジャンプアップ

息の合ったプレーで第1シードを圧倒


写真:伊藤美誠(写真左)/水谷隼(写真右)/撮影:ラリーズ編集部

黄鎮廷/杜凱琹ペアとの直近の対戦は7月のオーストラリアオープンの決勝で、そのときは1-3で水谷/伊藤ペアは敗れている。

1回戦ではフランスペアに対し安定した戦いぶりを見せ3-0で完勝した水谷/伊藤ペアは、第1ゲーム、伊藤のバック表の変化で序盤リードするも点差を詰められ9‐9となる。ここで伊藤の上回転系のサーブからのラリー戦で相手のミスを誘いものにする。

試合後水谷が「1ゲーム目序盤リードしていて、少し逆転されてしまったが、1ゲーム目を取れたことによって、2ゲーム目、3ゲーム目と緊張せずやれた」と振り返ったように、ここからは水谷/伊藤ペースに。

第2ゲーム開始から伊藤のサーブで2本とると、水谷が相手2人が重なり黄が強打しにくいコースに集め、点差を広げていく。中国香港ペアのミスも重なり11‐2の大差で連取する。

第3ゲーム、中国香港ペアも黄が水谷のフォアサイドを狙い、コースを散らすことで水谷が少し下った位置で打球しミスが増え4‐8とリードを許す。しかし、伊藤のバックはまだ黄に有効で7‐8となったところで黄/杜ペアがタイムアウトを要求。タイムアウト明けの1本で伊藤が強烈なフォアフリックを決めると、その後もお互い譲らずデュースに突入し、14-13から伊藤のサーブに対し黄のレシーブがオーバーとなりゲームカウント3-0で水谷/伊藤ペアが勝利した。

「初戦も2試合目もいい形で来ているので、この勢いのまま決勝戦も戦いたい。今年何度も決勝戦でミックスダブルスは負けている。そのリベンジがしたい」と決勝に向けて意気込んだ水谷。卓球王国・中国の許昕/劉詩雯ペアとの戦いぶりに注目だ。

>>水谷隼が語る!なぜ中国は卓球が強いのか?

詳細スコア


写真:黄鎮廷(写真右)・杜凱琹(写真左)/撮影:ラリーズ編集部

〇水谷隼/伊藤美誠 3-0 黄鎮廷/杜凱琹(中国香港)
11-9/11-2/15-13

>>「東京五輪以降は起業、代表は退く」水谷隼、2020年以降の仰天プラン

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.03.30
世界
日本
1
許キン(中国)
17260 pt
2
樊振東(中国)
16915 pt
3
馬龍 (中国)
16335 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9270 pt
女子ランキング
2020.03.30
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17015 pt
2
孫穎莎 (中国)
15460 pt
3
伊藤美誠(日本)
15080 pt
1
伊藤美誠(日本)
15080 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US