平野美宇、リオ金・丁寧に敗戦 "平野旋風"起こせず<卓球・カタールオープン> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアープラチナ・カタールオープン
2020年3月3日~2020年3月8日・ドーハ
2020.03.06

平野美宇、リオ金・丁寧に敗戦 “平野旋風”起こせず<卓球・カタールオープン>

写真:平野美宇(日本生命)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアー・カタールオープン 2020年3月3日~3月8日>

大会4日目の6日、カタールオープン女子シングルス2回戦で、平野美宇(日本生命)がリオ五輪金メダリスト丁寧(ディンニン・中国)にゲームカウント0-4で敗れた。

>>“黄金世代”から見た「今、日本の卓球が強いワケ」

平野美宇の前に立ちはだかった丁寧


写真:丁寧(ディンニン・中国)/提供:ittfworld

平野と丁寧は、通算12勝1敗と丁寧が大幅に勝ち越している。平野の唯一の勝利は“ハリケーンヒラノ”として平野が旋風を巻き起こした2017年のアジア選手権だ。

今回も平野旋風なるかと期待されたが、いきなり第1ゲームを4-11で落としてしまう。続く第2ゲームは、先に丁寧にゲームポイントを奪われるも、平野が追いつきデュースにもつれ込む。しかし、丁寧が要所を締め2ゲームを連取した。

第3ゲームも落とし、迎えた第4ゲーム。激しいラリーの応酬になるが丁寧が簡単なミスをしない。リーチの長い丁寧を打ち抜くために、平野もきわどいコースを狙うが、逆にミスに繋がってしまう。

平野は最後まで打開策が見つからず、終始気合十分の丁寧がベスト8に駒を進めた。

詳細スコア

平野美宇 0-4 〇丁寧(中国)
4-11/10-12/8-11/7-11

【連載】なぜ中国は卓球が強いのか?

水谷隼編 邱建新編 石田眞行編 松平健太編 村上恭和編 丹羽孝希編

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.06.02
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.06.02
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US