水谷隼/伊藤美誠、完勝で決勝進出 タイトルまであと1つ<卓球・カタールオープン> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:伊藤美誠(スターツ)/水谷隼(木下グループ)ペア/提供:ittfworld

国際大会 水谷隼/伊藤美誠、完勝で決勝進出 タイトルまであと1つ<卓球・カタールオープン>

2020.03.06 文:ラリーズ編集部

<ITTFワールドツアープラチナ・カタールオープン 2020年3月2日~3月8日>

6日、カタールオープンは大会4日目を迎え、混合ダブルスの準決勝が行われた。第1シードの水谷隼(木下グループ)/伊藤美誠(スターツ)ペアは、中国香港の何鈞傑(フージュンジェ)/李皓晴(リホチン)ペアと対戦。試合は、水谷/伊藤ペアが圧巻のプレーでストレート勝ちを収め、決勝へと進出した。

>>伊藤美誠が“楽しむ姿勢”貫くワケ

みまじゅん、わずか20分で難敵を撃破


写真:圧巻のプレーをみせた水谷/伊藤ペア/提供;ittfworld

ドイツオープン以来の国際大会となり、1回戦ではセルビアペアに快勝を収め、準決勝へ駒を進めた水谷/伊藤ペア。2020年3月現在の混合ダブルス世界ランキングは4位につけている。

相手の中国香港ペアもランキング8位の強敵。左利きの何鈞傑は、黄鎮廷(ウォンチュンティン)と組む男子ダブルスでも、今大会準々決勝で18歳コンビの宇田/戸上を下し準決勝へ進出している。

試合は、序盤から水谷が絶好調。サーブでは何鈞傑のチキータミスを誘い、強烈なフォアドライブを何本も打ち込んだ。伊藤のサーブも李皓晴によく効き、危なげなく第1ゲームを先取した。

2ゲーム目も、日本ペアは中陣の水谷、前陣の伊藤という抜群のコンビネーションで得点を重ねる。サーブから3球目攻撃がよく決まり、リードを広げると、ゲームポイントでは長いラリー中に水谷がネットインを拾う好プレーを見せ、勝利まであと1ゲームに迫った。

日本ペアの勢いは衰えることなく、第3ゲームも相手の香港ペアを圧倒。水谷の威力満点のドライブを何鈞傑が止められず、伊藤の多彩な台上技術、そしてサーブも得点へと繋がった。

日本の水谷/伊藤ペアが香港ペアを全く寄せ付けず、試合時間20分の圧勝を収め、決勝へ進出した。

詳細スコア

○水谷隼/伊藤美誠 3-0 何鈞傑/李皓晴(中国香港)
11-7/11-6/11-5

>>「東京五輪以降は起業、代表は退く」水谷隼、2020年以降の仰天プラン

男子ランキング
2020.10.23
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.10.23
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt