シーズン1位のザールブリュッケンが完勝 決勝へ<卓球 ブンデスリーガ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:パトリック・フランチスカ(ドイツ)/提供:ittfworld

国際大会 シーズン1位のザールブリュッケンが完勝 決勝へ<卓球 ブンデスリーガ>

2020.06.11 文:ラリーズ編集部

10日、ドイツの卓球ブンデスリーガは、延期となっていたプレーオフを開催し、レギュラーシーズン1位のザールブリュッケンが4位のブレーメンを3-0で下し、決勝進出を決めた。

>>独ブンデス帰りで日本一 “右右ペア”18年ぶりVの裏側<及川瑞基>

フランチスカがファルク下す活躍

例年準決勝は3戦行われ、2勝したチームが決勝に駒を進めていたが、今回は1試合制となる。また、最終5番のダブルスの代わりにシングルスが適応されることや、ゲームごとのコートチェンジも行われないなど、新型コロナウイルスの感染予防による措置がとられている。

無観客での開催となった10日のプレーオフでは、ザールブリュッケンがストレートで勝利した。

尚坤(シャンクン・中国)がトップでキリル・ゲラシメンコ(カザフスタン)を下すと、2番では、パトリック・フランチスカ(ドイツ)が、2019年世界選手権準優勝のマティアス・ファルク(スウェーデン)を完封し勝負あり。

3番では成長著しいスロベニアのダルコ・ヨルジッチが、マルセロ・アギーレ(パラグアイ)にゲームカウント3-1で勝利し、決勝進出を決めた。


写真:ダルコ・ヨルジッチ(スロベニア)/提供:ittfworld

勝利したフランチスカは「マティアス戦で、自分のゲームプランがうまくいったことを嬉しく思う。ここ数週間で彼のゲームを分析していたからね」と事前の対策が功を奏したことを明かした。続けて「日曜日の決勝戦を楽しみにしているよ」と優勝に向けても意気込んだ。

現地時間11日午後1時からはレギュラーシーズン2位のボルシア・デュッセルドルフと3位のオクセンハウゼンが準決勝を戦い、勝者が14日の決勝でザールブリュッケンと相まみえる。

プレーオフ準決勝試合結果

ザールブリュッケン 3-0 ブレーメン

〇尚坤 3-1 キリル・ゲラシメンコ
〇パトリック・フランチスカ 3-0 マティアス・ファルク
〇ダルコ・ヨルジッチ 3-1 マルセロ・アギーレ

>>“スロベニアを東京五輪に導いた男”ヨルジッチ、更なる飛躍の鍵は「サウスポー対策」

男子ランキング
2020.08.10
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.08.10
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt