元中国代表左腕、2勝の活躍 ザールブリュッケンがV<卓球 ブンデスリーガ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:元中国代表の尚坤/提供:ittfworld

国際大会 元中国代表左腕、2勝の活躍 ザールブリュッケンがV<卓球 ブンデスリーガ>

2020.06.15 文:ラリーズ編集部

14日、ドイツの卓球ブンデスリーガでは、プレーオフ決勝が行われ、レギュラーシーズン1位のザールブリュッケンが3位のオクセンハウゼンを3-1で下し、初優勝を決めた。

>>まるでテニス?張本戦で放ったカルデラノのスーパーショットをITTF絶賛

今季個人成績1位の尚坤が2勝の活躍

今回のプレーオフでは、最終5番のダブルスの代わりにシングルスが適応されることや、ゲームごとのコートチェンジも行われないなど、新型コロナウイルスの感染予防による措置がとられた。

レギュラーシーズン1位のザールブリュッケンは4位のブレーメンを、昨季チャンピオンのオクセンハウゼンはレギュラーシーズン2位のボルシア・デュッセルドルフをそれぞれ下し、決勝に駒を進めてきた。

奇しくも決勝は昨季と同じ顔合わせで、昨季はオクセンハウゼンが3-0で勝利している。


写真:パトリック・フランチスカ(ドイツ)/提供:ittfworld

今回の試合では、1番のパトリック・フランチスカ(ドイツ)がウーゴ・カルデラノ(ブラジル)とのエース対決をフルゲームデュースで制し、ザールブリュッケンを勢いづける。3番のダルコ・ヨルジッチ(スロベニア)こそ敗れたものの、2番と4番で元中国代表左腕の尚坤(シャンクン・中国)が勝利し、優勝を決めた。

今シーズンからブンデスリーガに参戦し、シーズン個人成績1位の結果を残した尚坤の活躍もあり、ザールブリュッケンは嬉しいブンデスリーガ初タイトルを獲得となった。

プレーオフ決勝試合結果

オクセンハウゼン 1-3 ザールブリュッケン

ウーゴ・カルデラノ 2-3 〇パトリック・フランチスカ
3-11/11-6/10-12/11-9/10-12

シモン・ゴジ 1-3 〇尚坤
8-11/7-11/11-9/10-12

〇ヤコブ・ディアス 3-1 ダルコ・ヨルジッチ
11-9/12-10/12-14/11-3

ウーゴ・カルデラノ 0-3 〇尚坤
9-11/6-11/9-11

>>ウーゴ・カルデラノの使用用具・大会成績・プロフィール

男子ランキング
2020.08.09
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.08.09
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt