世界2位・許昕と世界3位・馬龍ペア、粘りの卓球で頂点に<全中国選手権・男子複> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:馬龍(写真右)・許昕ペア/提供:ittfworld

国際大会 世界2位・許昕と世界3位・馬龍ペア、粘りの卓球で頂点に<全中国選手権・男子複>

2020.10.10 文:ラリーズ編集部

<卓球 全中国選手権 2020年10月1日~10月10日>

10月9日、全中国選手権の男子ダブルス決勝が行なわれ、馬龍(最新世界ランキング3位・マロン)/許昕(同2位・シュシン)ペアと林高遠(同5位・リンガオユエン)/梁靖崑(同8位・リャンジンクン)ペアが対戦し、ゲームカウント4-1で、馬龍/許昕ペアが勝利した。

>>王楚欽/王曼昱ペアの若手ペアが戴冠<卓球 全中国選手権・混合複>

高度な戦術合戦となった序盤

馬龍/許昕ペアは準決勝で、馬特(マテ)/侯英超(ホウエイチョウ)ペアを4-1で下し、林高遠/梁靖崑ペアは樊振東(ファンジェンドン)/王楚欽(ワンチューチン)ペアを4-2で下し、決勝に駒を進めてきた。


写真:馬龍(写真右)/許昕ペア/提供:ittfworld

第1ゲームは、馬龍のツッツキがクロスに来るのを読んだ梁靖崑が両ハンドの豪快なドライブを繰り出し、先手を取る。10-4までリードを広げ、このままこのゲームを取るかと思われたが、そこから馬龍/許昕ペアは、中陣まで下がっての大きな展開のラリー戦に持ち込み、みるみる差を詰めていく。

しかし、10-8で林高遠の切れたツッツキを馬龍にバックで持ち上げさせ、それを梁靖崑がバッククロスにカウンターで沈める展開でなんとか1点を取り切り、第1ゲームは林高遠/梁靖崑ペアがモノにした。

林高遠 梁靖崑
写真:梁靖崑(リャンジンクン・中国)と林高遠(リンガオユエン・中国)/提供:ittfworld

続く第2ゲーム序盤は点を取り合うシーソーゲームとなるが、先に動いたのは林高遠/梁靖崑ペア。ストップやフリックなどの多彩な台上プレイで変化をつけ、相手の大きなラリーを封じて、着実にポイントを重ねる。

そのまま林高遠/梁靖崑ペア優勢でゲームは進み、9-5までリードを広げたが、今度は逆に馬龍/許昕ペアが台上で先手を取り始め、、最後は梁靖崑が許昕のツッツキを持ち上げきれず、第2ゲームは馬龍/許昕ペアが奪取した。

粘りに粘って流れを掴む

第3ゲームも、第2ゲームと同じく、両者一歩も譲らない互角の展開が続く。林高遠のサービスエースと、許昕の逆を突く梁靖崑のツッツキ、さらには梁靖崑の回り込みチキータで先にゲームポイントを握るが、馬龍/許昕ペアの粘りで完全に流れを掴みきれない。

点数も10-9まで迫られ、林高遠/梁靖崑ペアはたまらずタイムアウトをとるが、馬龍/許昕ペアがマッチカウント2-1とリードする。


写真:林高遠(写真左)/梁靖崑ペア/提供:ittfworld

第4ゲームも馬龍/許昕ペアの攻めに完全に押される展開に。そのまま流れは変えられず、11-3で馬龍/許昕ペアが第4ゲームを奪取した。

第5ゲームは林高遠/梁靖崑ペアが2球目からチキータを積極的に狙って、3-1と好スタートを切った。しかし、馬龍/許昕ペアが驚異の10連続ポイントで林高遠/梁靖崑ペアを粉砕。優勝が決まった瞬間は控えめにガッツポーズを取って互いに握手し、全中国選手権王者の称号を手にした。

男子ダブルス結果

決勝

〇馬龍/許昕 4-1 林高遠/梁靖崑

8-11/15-13/14-12/11-3/11-3

最終順位

1位 馬龍/許昕
2位 林高遠/梁靖崑
3位 馬特/侯英超、樊振東/王楚欽

【連載】なぜ中国は卓球が強いのか?

>>水谷隼や丹羽孝希が語る!なぜ中国は卓球が強いのか

男子ランキング
2020.10.27
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.10.27
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt