張本智和、リオ王者に惜敗 3位決定戦に回る<卓球・男子W杯> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:張本智和/提供:ittfworld

国際大会 張本智和、リオ王者に惜敗 3位決定戦に回る<卓球・男子W杯>

2020.11.15 文:ラリーズ編集部

<ITTF男子ワールドカップ 2020年11月13日~15日>

15日、大会最終日を迎えた男子ワールドカップではシングルス準決勝が行われ、張本智和(木下グループ)がリオ五輪金メダリストの馬龍(中国)と対戦した。前年の同大会の準決勝でも対戦し、その際は張本が勝利していたが、今回は馬龍に軍配があがった。張本は同日夜の3位決定戦に回る。

最終ゲームまでもつれる大接戦に


写真:馬龍(中国)/提供:ittfworld

第1ゲームは序盤から両者譲らず積極的な攻撃をしかけ、一進一退の展開になる。しかし中盤に台上ドライブで流れをつかんだ馬龍がこのゲームを先取した。第2ゲームは、張本が馬龍のフォア側をうまく攻めることで得点を重ねる。この戦術が効き続け、張本がゲームカウント1-1に持ち込んだ。

第3ゲーム、1本目のスーパーラリーを制した張本が流れをつかむ。攻撃的なプレーで常に主導権を握った張本がこの第3ゲームと第4ゲームを一気に連取し、勝利に王手をかけた。

続く第5ゲーム、5-4で張本にリードされたところで馬龍がタイムアウト。ここからリズムを取り戻した馬龍が2ゲームを奪い返し、勝負を最終ゲームにもちこんだ。

第7ゲームの張り詰めた空気の中、一歩先に出たのは馬龍。ポイント4-3とリードされたところで張本がタイムアウトを取得した。しかしポイント差はさらに広がり、最後は11-4で馬龍が逆転勝利を決めた。

試合結果

張本智和 3-4 〇馬龍
7-11/11-3/11-6/11-8/8-11/6-11/4-11

【連載】なぜ中国は卓球が強いのか?


>>水谷隼や丹羽孝希が語る!なぜ中国は卓球が強いのか

男子ランキング
2020.12.03
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.12.03
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt